Mazer とはWhat is Mazer?

Mazer (マザー)とは、「ニッポンをより良くするためのアイデア」をみんなで考えてまぜる。その方法と仕組みです。

クリエイティブディレクターが「お題」を考え、みんなで「ひらめき」、クリエイティブディレクターが新たな要素を「まぜる」。その上でみんなで「アイデア」を考え、みんなで「ベストなアイデア」を決めていく。そして企業がアイデアをオークションを通して「買う」。Mazer(マザー)とはニッポンをより良くするための新しいサービスや商品、制度などのアイデアを考え実現していくための方法(メソッド)です。このメソッドはインターネット上のプラットフォームとして誰もが利用することができます。またインターネットを使わなくても紙と鉛筆さえあれば、企業・教育機関・地方行政などでワークショップをやりながらみんなで簡単にアイデアを考えることができます。

Mazer is a method and mechanism for people to jointly conceive and mix (mazeru in Japanese) idea creations to make Japan better.

A creative director develops missions to which people respond with inspirations. The creative director then mixes new elements to those. People also generate idea creations and collectively decide which idea creations are best. Companies come in at this point to buy these idea creations by auction. Mazer is an online platform on the Internet that anyone can use to develop and realize new idea creations including services, products, and systems to make Japan better. It’s also easy to participate with pencil and paper without the Internet, by developing ideas in workshops together with companies, educational institutions, and/or local governments.

アイデアをオープンに。

元来、アイデアは“企業秘密”などと言って非公開にされるのが通常です。しかしMazerではアイデアははじめから公開されます。
したがって誰もがアイデアを知ることができます。なぜ公開してしまうのか。それには理由があります。Mazerはソーシャルメディアの力を活かした集合知を引き出すためのプラットフォームです。つまり、アイデアをみんなでシェアすることでより質の高いアイデアを生み出す構造にしているということです。そういったアイデアの生産性を重視しているためにあえてアイデアを公開しているのです。公開してしまったら誰かがそのアイデアを無断で使用する、つまり“パクって”しまうのではないかという心配があると思います。しかしこのソーシャルメディア時代において、もし誰かが“パクって”しまったとしたら、その事実を伝える人がソーシャルメディア上にかならず出てきます。つまり“パクって”しまった人のモラルを問う人が出てきます。ソーシャルメディアにはそういった自浄作用があります。したがって、アイデアをオープンにしても無断使用されないフェアな環境づくりができると信じています。

Idea creations made public

Conventionally, idea creations are considered to be “trade secrets” and not disclosed. But with Mazer, these idea creations are made public from the start.
Consequently, anyone can learn about these idea creations. Just why are these made public? There is a reason to this. Mazer is a platform that harnesses the power of social media to tap into collective intelligence. Put simply, it’s structured to generate better quality idea creations by sharing them with all. They are purposely made public because the focus is on productivity for these idea creations. There may be concern that someone could take the idea creation and use it without permission, in other words, “steal” it. But in this era, if someone does steal an idea creation, someone is sure to step up and say so through social media. There will be people who question the morals of the person who stole, and this self-cleansing function is a part of social media. Consequently we believe it can provide a fair environment where idea creations won’t be used without permission even if made public.

クリエイティブディレクターが重要です。

クリエイティブディレクターとは耳慣れない名前かもしれません。広告などで大企業などのブランディング、キャンペーン、デザインなどでチームのリーダーとなってそのクリエイティブを統率していく立場の人がクリエイティブディレクターです。またファッションの世界でも、あるファッションブランドの洋服のデザインはもちろん、店舗、プロモーションやショーなどすべてのクリエイティブを統率する立場の人をそう呼びます。しかしクリエイティブディレクターという役割は、最近とても注目されています。世の中で手に入れることができる情報は日々増え続け、さらにインターネットの発達でメディアの仕組みもどんどん高度化しています。それらの専門の知見を持ったクリエイティブディレクターが何かあたらしいコミュニケーションやデザインをおこなう際のリーダーとなることが待望されています。“みんなで話し合う”ことは良いことだと思いますが、得てしてなかなか意見がまとまらなかったり、たくさんの意見が飛び交うために本当に必要なことを見失ってチーム全体が迷子になってしまうこともあります。そんなときにチームが向かうべき方向(ディレクション)を示してくれるクリエイティブディレクターの存在はとても重要になってきます。Mazer(マザー)では、みんなでアイデアを考えることを基本としながらもクリエイティブディレクターの役割も重要だと考えています。

Creative directors are crucial

“Creative director” may not sound familiar to your ears. Creative directors take leadership for creative processes, for example serving as team leaders for branding, campaigns, design etc. for large companies in advertising. In the world of fashion, the creative director of a fashion brand leads all creative processes, including apparel design, stores, promotions, and shows. The role of creative directors is attracting much notice lately. The volume of information available to us in this world continues to grow, and media mechanisms are rapidly advancing with the progress of the Internet. It is anticipated that creative directors with such expert knowledge will serve as leaders when developing any kind of new communication or design. “Discussing with everyone” is a good thing, but it can sometimes be difficult to reach a consensus. A flurry of comments can also blur what’s truly necessary, sending the entire team into a labyrinth. This is where the presence of a creative director who can provide direction to the team becomes important. While the base of Mazer is for everyone to generate idea creations, the role of the creative director is also crucial.

企業がアイデアを買う。

Mazer(マザー)では、企業や団体などがオークションを通じてアイデアを買うことができます。企業や団体はアイデアを誰かから買うことでそのアイデアを独占排他的に商品やサービスなどの具体的なカタチにするための権利を得ることができます。良いアイデアにはちゃんとお金が払われ、良いアイデアがどんどんカタチになっていく。しかもそのアイデアはニッポンをより良くするためのものである。そういった健全な環境が整っていくことを強く願っています。

Companies buy idea creations

With Mazer, companies and groups are able to buy idea creations through auction. By buying an idea creation from someone, that company/group will gain exclusive negotiation rights to materialize the idea creation into a product or service. Good idea creations are properly paid for and take shape one after another. Not only that, the objective of these idea creations are to make Japan better. Developing this type of robust environment is our aspiration.

オークションについて

クール・ジャパンとは

What is Cool Japan?

Mazer(マザー)は、経済産業省「クール・ジャパン戦略事業」の一環です。この事業は、ファッション、食、観光、コンテンツなどに象徴される日本文化の良さを再認識し、新たな価値を創造し、国内外に発信することにより、日本や日本製品の価値を高め、日本経済の成長に貢献するためにおこなわれるものです。

クール・ジャパン戦略事業は、「新しい日本の創造」について協議された官民有識者会議の結果、3つの軸で展開していきます。クール・ジャパンを担う中小企業の海外展開を後押しする海外展開ビジネスプラットフォーム(海外への展開)、地域資源や観光資源を活かしたクリエイティブ・ハブ構想(地域への展開)、そしてこのMazer(マザー)というソーシャル・プラットフォームです。

Mazer(マザー)は、クール・ジャパン官民有識者会議の副座長である松岡正剛氏が提唱する「ジャパン・マザー」を基本理念とし、伊藤直樹氏によってこのプラッフォームが制作されました。
「ジャパン・マザー」に関しては、経済産業省が発行する「面影日本(Roots of Japan(s))」というコンセプトブックにまとめられています。

Mazer is a part of the Ministry of Economy, Trade and Industry’s “Cool Japan Strategy Promotion Program.” The objective of this program is to enhance the value of Japan and Japan’s products and contribute to Japan’s economic growth. This will be done by rediscovering the strengths of Japanese culture exemplified by fashion, food, sights, and content; we will create new value for these, and disseminate them inside and outside of Japan.

As a result of Public-Private Expert Panel meetings about “Creating a New Japan,” the Cool Japan Strategy Promotion Program will be rolled out on three fronts: a platform that promotes overseas business rollout of small and medium enterprises that play a role in Cool Japan; a creative hub concept that harnesses regional and tourism resources (regional rollout); and this Mazer social platform.

The basic philosophy of Mazer is based on “Japan Mazer” as advocated by Seigow Matsuoka, who is Deputy Chair of the Cool Japan Public-Private Expert Panel, and its platform was developed by Naoki Ito. 
Japan Mazer is explained in the concept booklet “Roots of Japan(s)” issued by the Ministry of Economy, Trade and Industry.

面影日本

「Roots of Japan(s) -- Unearthing the Cultural Matrix of Japan
面影日本ーー日本の本来と将来のために」

発行:経済産業省(2011年11月11日初版発行)
制作:編集工学研究所

“Roots of Japan(s) -- Unearthing the Cultural Matrix of Japan”

Published by: The Ministry of Economy, Trade and Industry (First printing November 11, 2011)
Produced by: Editorial Engineering Laboratory

Google翻訳について

このサイトではGoogle翻訳のAPIを使用しています。
最適と思われる翻訳を行うために、何億もの文書からパターンを見つけ出し、自動的にテキストを翻訳します。(これは統計的機械翻訳と呼ばれるものです。)
人よる翻訳文書からパターンを検出することで、Google Translate はどのような訳文が適切かを考えて推定する仕組みになっています。
ただし、訳文は機械で生成するため、すべての訳文が完璧とは限りません。

ABOUT GOOGLE TRANSLATE

Using the Google Translate API, this site automatically translates text from one language to another by looking for patterns in hundreds of millions of documents -- a process called “statistical machine translation.” By detecting patterns in documents that have already been translated by human translators, Google Translate can make intelligent guesses as to what an appropriate translation should be. Since the translations are generated by machines, not all translation will be perfect.

資格について