メイン画像

戸籍抄本が必要な場合

普通自動車であれ軽自動車であれ、車買取の際には、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑証明書、譲渡証明書、これらの書類を必ず揃えなければなりません。

自動車検査証と印鑑登録証明書を手に入れたら、まずこの二枚の書類に記載されている自分の住所や姓名に違いがないかどうかを確認しましょう。

もし記載が違っている場合、戸籍抄本が必要な場合があります。
自動車証明書と印鑑登録証明書の住所が異なり、かつこの間に複数回住所変更をした場合と、結婚や離婚などで姓名が変わった場合です。

自動車は購入してから売却するまで、全て同一人物が所有しているという関連付けが必要になります。

自動車検査証と印鑑登録証明書のみで車の売却ができてしまうなら、同じ市内に住む同姓同名の住人がこれらの書類を揃えれば、他人の車の売却ができてしまうのです。

このように簡単に名義変更や売却をさせないための措置として、この書類が必要とされるのです。

戸籍抄本には、今までにした住所変更の履歴が全て載っています。

これによって、自動車検査証と印鑑登録証明書の間で異なる住所の履歴を証明することができます。

ですので、もし住所変更が一回だけであるのならば、これを取り寄せなくても住民票で住所の移動を証明することができます。
この場合ならば、住民票の方が入手しやすいかもしれません。

また、自動車検査証取得日から印鑑登録証明書を発行した間に、結婚や離婚などで姓名が変わってこの二枚の書類の姓名が違う場合、これも同一人物である証明のために戸籍抄本が必要です。

用意しなければ、車買取業者に車を売却することができません。
住民票を置く市役所では戸籍抄本を取得できず、本籍地のある市町村の市役所でなければ取得することができません。

もし遠方で本籍地まで赴くことができない場合は、インターネットで本籍地の市役所を調べましょう。
大抵の市役所のサイトには抄本取得のためのテンプレートがあり、定額小為替や切手などを封筒に同封して、郵送で取り寄せることができます。

市役所から取り寄せる際、必要な書類が戸籍の謄本なのか抄本なのかが選べます。
謄本は戸籍を全て写したもので、抄本は戸籍の中から必要な部分だけ写したものです。

住所の変遷や氏名の変更のみが証明できればいいので、必要な部分だけを写した戸籍抄本で充分証明することができます。

取り寄せには少し時間がかかるので、必要であることが分かった時点で取り寄せると手早く車の買取を進められるでしょう。