メイン画像

車売却予定の場合は車検に通さない方がお得?

車の乗り換えを考える理由は多々ありますが、車検が切れるタイミングが乗り換えを考える最も多い理由かもしれません。

確かに車検時には支払いが一気に増えるので、そのタイミングで乗り換えた方が得であると感じる方が多くいらっしゃいます。
しかし車検が切れそうなタイミングでの売却を検討する場合、次のような疑問が出てきます。

車検を通さないで査定を受けた方が良いのか、それとも車検を通してから査定を受ける方が良いのかということです。

確かに、中古車の査定結果はちょっとした事で数万円変わってくる事もあるので、車検に関しては迷ってしまうかもしれません。
今回は車を買取または下取りしてもらう前に車検を通した方が良いのかという点についてご説明します。

通常の車検にかかる費用

車の売却前に車検を通した方が良いのか考える時には、まず車検にかかる費用を考える必要があります。

これまでに車に乗られてきたのであれば、車検の費用がとても高いという印象を持っておられるのではないでしょうか?

車を車検に通すためには次のような費用が必要になります。

法定費用

通称自賠責保険と呼ばれる「自動車損害賠償責任保険」があります。
加えて2年間に一度かかってくる税金「自動車重量税」もあります。

最後の法定費用は車検を通すための書類に必要な「印紙代」です。
つまり「自動車損害賠償責任保険」「自動車重量税」「印紙代」の3つが法定費用となります。

その他の費用:車検整備点検代

ディーラーや車屋に車検を代行してお願いする場合に「車検基本料」というものが必要になり、この値段は店ごとに異なっています。

それに加えて法律で定められている「24ヶ月点検」があります。

そして車検に通すため仮に修理が必要ということになると「修理費」「部品代」「工賃」など車屋へ支払う金額が増えてきます。

この総額が車検整備点検代です。

つまり車検にかかる費用は「法定費用+車検整備点検代」の合計となります。

まず法定費用の平均はどれくらいになるのでしょうか?
これは車の種類や車両重量やエコカー現在対象かどうかによって異なってくるものです。

軽自動車の法定費用は約30,000円(エコカー28,370円)、1,000kgまでの車51,250円(エコカー41,650円)、2,000kgまでは59,450円(エコカー46,650円)、2,500kgまでは67,750円(エコカー51,750円)とされています。

この法定費用に加えて車検整備代が最低でも20,000円以上(修理代などは一切含まず)はかかってきます。

つまり車検費用は1番安い軽自動車でも最低50,000円以上はかかるという事です。

仮に車検を通すことで査定金額がUPするのであれば、この車検にかかる総額を超える金額でなければ損をするという事です。

車検に関して査定UPになる条件

車検が残っていた方が、車を売却する時に査定がUPがするのではないかと思われるかもしれません。
実際自分が車を購入する時には車検が残っている方が魅力を感じるものです。

しかし車の売却時に査定がUPするためには、車検が13ヶ月以上残っているということが基本的な条件になります。
通常車検期間は2年なので、半分以上の車検期間が残っていないとプラス査定にはならないということです。

例えば1年間の車検期間が残っていたとしても査定結果には何の影響もありません。

では仮に車検期間が13ヶ月以上残っていた場合、査定はどれほどUPするのでしょうか?

車買取業社によってプラス査定の金額は異なるものですが、通常数万円しか査定結果はUPしません。

つまり査定UPの金額は、車検にかかる費用を超えることはほとんどないという意味です。
ですから車検期間が切れそうになっている車を売却する場合には、車検を通す必要はありません。

車検が切れそうになるギリギリのタイミングで売却した方が良いのか?

車検期間が数か月残っていた場合と車検が切れる寸前では、先程説明したように査定金額に差は出てきません。
どちらも同じ条件ということになります。

しかし車検期間がギリギリになってしまうと、車の条件は同じにも関わらず査定結果には差が出て来ることになります。

どのような意味かというと、車検期間がギリギリになるということは、買取ってもらう側に心理的にも時間的にも余裕がないということです。

車検がギリギリになってしまえば、車に乗れる時間がほとんど残っていないということになり、少しでも早く売却契約をしなければならないということになります。

つまり査定金額において交渉をするための時間が残されていないわけです。

加えて買い取り業者の方も、相手に時間的な余裕がないということがわかりますので、査定金額を低く設定してくる可能性があります。

少し安い査定金額を提示したとしても、結局のところは売却契約を結ぶしかないだろうと考えるわけです。

一旦このように相手が優位に立つ図式が出来上がってしまうと、交渉すべてが相手にとって有利な形で進んでしまいます。
ですから車検期間の残りが少なくなる前、約3ヶ月前には売却に向けての行動を起こすようにしましょう。