メイン画像

ローン返済が終わっていない車は売れるのか?

「子供が増えた」「引っ越しをすることになった」「気になる車が発売された」こうした理由ため車を乗換えることにする方がいらっしゃいます。

またどうしてもお金が必要になったために車を手放すことにする、海外へ移動するため車が不必要になったという理由で車を手放す事にするという方もいらっしゃいます。

もし車を即金で購入しているのであれば、車を買取ってくれる業社のところへ持っていくことで車の乗り換えや売却は問題なく行えるでしょう。

しかしここで問題になるのが、ローンで車を購入しており、そのローンの返済がまだ終わっていない場合です。
このような場合、車買い取り業者に車を売却したり、ディーラーに下取りに出すことは可能なのでしょうか?

まず車を所有しているのが誰かを確認する必要があります。

ローン完済していない車を所有しているのは一体誰か?

ローンを返済している途中であっても自分が車を購入したのだから、車の所有者は自分である。
多くの方はそのように感じておられます。

実際銀行の自動車ローンを組んでから車を購入した場合であれば、車の名義や所有者は自分の名前になっている事がほとんどです。

銀行の場合には個人が銀行から一旦「融資」をしてもらい、その現金で車を購入しているため車の所有者は自分ということになるわけです。

しかしディーラーでローンを組んで車を購入している場合には、状況が少し異なってきます。

ディーラーローンで車を購入した場合、「実際にお金を支払っている」のは自分でもディーラーでもなく、ディーラーが契約している「信販会社」になります。

車の購入者はその信販会社と「クレジット契約」を結んで、一旦信販会社に支払いを行ってもらい、その金額を返済しているという状態になっています。

つまり車の購入の際にお金を支払っているのは信販会社であり自分ではないということです。

そのため車検証の車の所有者の欄には信販会社の名前もしくはディーラーの名前が載ることになります。

なぜこうした事になるのでしょうか?

車の名義つまり所有者には車を売却する権利があり、仮に購入者の名前を所有者にしてしまうなら車を勝手に売却されてしまう可能性があります。

信販会社はこれを防ぐために車検証の車の所有者をディーラーや信販会社の名前にしているわけです。
では車の名義が自分ではない場合、車を売却できないのでしょうか?

そうではないようです。

大きく分けると3つの方法によって車を売却もしくは乗換えることができます。

1.ローンを一旦全て支払って完済状態にする
2.乗り換えの場合には、残りのローンを次の車のローンに加える
3.下取りのお金でローンを完済してもらう

ローンが残っている状態で車を売却

ローンを一旦全て支払って完済状態にする

ローンが仮に残っていた場合、車検証の名義を自分にするために一旦現金で完済してしまうという方法です。
これが1番簡単な方法になりますが、1番難しい方法でもあります。

仮にローン残高が100万あるなら100万円の現金が必要になりますので、なかなか難しいかもしれません。

乗り換えの場合、残りのローンを次の車のローンに加える

この方法は前回の車を購入したディーラーで車を買い換える場合などに行なわれる方法です。
50万円のローンが残っている状態で200万円の新車を購入する事にした場合、改めて250万円のローンを組み直すという方法です。

しかしこの方法は同じディーラーで購入した場合であればスムーズに進みますが、他のディーラーによっては認められない場合もありますので注意が必要です。

必ずディーラーで確認するようにしましょう。

下取りのお金でローンを完済してもらう

一般的に名義が自分のものでない場合、この3番目の方法が選ばれます。
所有者がだれであったとしても買い取り業者で査定を受けることはできます。

この査定金額がローンの残りを超える場合には、査定金額で確実に売却ができるようになります。
とはいえ所有者はまだ自分にはなっていないので、まずは所有者の解除を行わなければなりません。

この手続は車を買取ってくれる業社が代行して行ってくれますので、一度相談してみるようにしましょう。

査定金額でローン返済をしてしまう場合の流れ

所有権の解除に必要な書類は次のようなものです。
印鑑証明書、車検証、自動車納税証明書、実印、加えて販売店から受け取った委任状です。

これらの書類が全て揃った場合に所有者の解除という手続きを行えるようになります。
とはいえ自分ではよく分からないかもしれませんので、買い取り業者にほとんどの作業を代行してもらうことになるでしょう。

書類の不備があると手続きができないので、印鑑証明書が発行から3か月以内であるか、納税証明書の住所と名前に間違いがないかを確認してください。

ここまでで車の所有者の解除手続きが完了し、車の売却へと移ることになります。

但し査定金額がローン残高に満たない時は、乗り換えの場合その金額は新しいローンに加えられ、買取依頼の場合は一旦自分で差額を現金で支払う必要があります。

このように状況によってどのように車を乗り換えるのか、また車を売却できるのか変わってくることになります。

とはいえ名義や所有者が自分でないからといって、車を売却する方法がないということではないので詳しい内容は業社に質問してみるようにしましょう。