メイン画像

車を売却する良いタイミングはいつ?走行距離と関係があるのか?

車を購入する時に買い換えることを想定しているという方はあまり多くないかもしれません。
いわゆる乗り潰すという気持ちで車を購入している方が多いようです。

しかし生活の変化や経済的な状況によって予定が変わり、早めに車を売却するようになる方や乗り換える方もいらっしゃいます。

車を売却する良いタイミングというものがあるのでしょうか?

確かに年式も重要ですが、走行距離はさらに重要視されてきます。

市場の動向として車を売却するタイミングとして多いのは、25,001kmから50,000kmの間です。

2番目は50,001kmから75,000kmの間、3番目が0kmから25,000kmの間に売却する方が多いようです
ポイントになるのはほとんどの方が75,000km以内で売却を行っているという点です。

走行距離によって売却のタイミングを決める

皆さんは1年間にどれくらいの距離を走るでしょうか?

個人によって1年間の走行距離は異なってくるものですが、車業界では1年間に1万kmという考え方があります。
この数字を超えるといわゆる「走りすぎの車」として見られてしまうケースが多く見られます。

例えば購入してから3年の新しい車であっても走行距離が67,000kmという場合には年間走行距離が20,000kmを超えているため

買取時に査定が下がることもあります。
なぜ車業界には年間10,000kmという考えがあるのでしょうか?

はっきり言うならすでに根拠のない数字に基づいている、つまり「買取る側の気持ちの問題」ということです。
以前であればクオリティの問題で10万kmを超える車は壊れやすいと言われていました。

確かに10万kmを超えることでトラブルが起きる車が多かったのは事実です。

しかし実際のところ日本車のクオリティは以前からとても良く、車に故障が起きる原因はメンテナンス不足や部品の劣化によって不具合が生じるためです。

エンジンが壊れるという経験をしている人はほとんどいないのが事実ではないでしょうか?

確かにタイミングベルトなどの部品に関しては10万kmを目処に交換することが必要なものもありますが、それが車の寿命を意味するのではありません。

未だに10万kmを過ぎた車は壊れるので売れないというイメージを車業界全体で持っています。
とはいえまずはこの10万kmという数字が一つの目安になります。

しかし現代の車買取り業界の中では75,000kmという数字も注目されている距離数です。

走行距離75,000kmの根拠

走行距離が75,000kmを超える前に車を売却した方が良いとされている根拠はなんでしょうか?
これはさきほど述べたように市場の動向にあります。

車を売却する方のほとんどが75,000kmに達する前に車の売却を行っています。
つまり多くの中古車は75,000km以内で販売をされているわけです。

そのためこの数字を超える距離数を走っている車は市場では、走りすぎている車として見られるようになります。
簡単に言うなら「売りづらい車」になってしまうという事です。

中古車を販売している業社にとってはこれは無視のできない数字になります。

中古車として販売しづらい車を買取るのにはリスクが伴うものです。
販売できないような車は完全に在庫になってしまうために、経営を圧迫することになります。

そのため売りづらい車を買取りする場合には、こうしたリスクを少しでも下げるために、買取価格を下げる傾向があります。
ですから走行距離で計る車の売り時は、「75,000kmを超えない状態」ということができます。

そのため少なくとも「80,000kmを超えないうち」に車の売却を行った方が良いでしょう。

自分が購入車になる場合にお得な車とは?

先程説明したように、車市場では75,0000km もしくは80,000kmという走行距離が売り時の限界とみられる傾向があります。

しかし同時に日本車のエンジンや部品の品質は絶え間なく進歩しているのも事実です。

実際のところ10万kmを超えたとしてもほとんど問題はないでしょう。

海外においてプリウスなどの車に関しては16万kmまでメーカーが補償を付けているケースも見られます。
つまりメーカーにとっては10万kmで壊れる事は想定していません。

多くの車は20万kmを超えてもほとんど問題なく走り続けることができるわけです。

ですから自分で中古車を購入する場合、10万kmを超えた中古車を選ぶことも良い方法です。
10万kmを超えている車は市場で嫌厭されるという理由だけで価格が非常に下がっているという場合が多いからです。

こうした車を探して購入してみるのも良いことかもしれませんね。

このような方がどんどん増えてくると、走行距離に関する市場全体のイメージはまた変わってくるかもしれません。
とはいえ距離数を走っている車に関しては、どれくらいメンテナンスをきちんと受けているのかという部分が重要になります。

こうした車を購入する際には整備点検記録簿などをよく確認するようにしましょう。

車を売却する予定のある方であれば、この整備点検記録簿にきちんと記録をすることで車の価値を上げることにもなるので日頃から注意しておくようにしましょう。