メイン画像

なぜ!?車検でワイパーが不合格になってしまう理由

最近では車検は自分で行っている人も増えているのではないでしょうか。

実はそこまで難しいものではなく、常日頃からメンテナンスを行っている人であれば呆気ない程簡単なので車検は業者ではなく、自分で行っている人も増えています。

いわゆるユーザー車検と呼ばれているものですが、ユーザー車検はいくつかの項目が用意されており淡々とこなせば良いのです。

その中でも意外と引っ掛かる人が多いのがワイパーです。

雨天時の走行には欠かせないワイパーですが、なぜ不合格になるのか。合格基準と併せてその事実に迫るとしましょう。

ワイパー、そしてウォッシャー液

書類では「窓ふき器」として明記されているワイパーですが、窓ふき器はワイパーだけではありません。ウォッシャー液も該当するのです。

つまり、ワイパーだけが良い状態でもウォッシャー液が足りていなければ残念ながら車検には通過しません。

ワイパー、そしてウォッシャー液。双方が良い状態でなければ合格出来ないのです。
ワイパーで不合格になる人が多いのは、どちらか一方を見落としてしまっているからです。

道路運送車両・保安基準45条にこの「窓ふき器」に関する記述があります。

「前面ガラスの直前の視野を確保できるもの~(略)~自動式の窓ふき器を備えなければならない。」

と明記されています。これはいわゆるワイパーを指しています。

更にはこのような記述もあります。

「視野を確保でき、かつ、安全な運行を妨げないもの」

こちらがウォッシャー液の記述です。

このように、それぞれが明文化されていますので、この文言を満たせていない場合、車検には合格出来ないのです。

ワイパーの点検基準とは?

ワイパーの点検基準は稼働した際に視界を確保出来るかどうかです。ワイパーが動かないのは問題外として、稼働しているのになかなか視界が開けないようでもアウトです。

・ワイパーが正常に作動しない
・ゴムが切れたり、或いはついていない
・ふき取りが不十分なので視界が確保出来ない

上記のような場合が実際に不合格になるケースです。

ワイパーのアーム部分が多少寂びていても視界を確保出来れば問題ないのですが、逆にアームは物凄く綺麗でもゴムが切れていたり、ワイパーが上手くガラスに触れていないので汚れをしっかりと拭きとれていない場合には残念ながら不合格になりますので、交換するなりメンテナンスを行いましょう。

特に気を付けるのがゴム部分です。

普段雨天時にあまり運転しないのであればあまり減っていないと思いがちですが、ゴムも経年劣化してしまいますので、使用頻度に関わらず、傷が入ってしまう可能性はあります。

ウォッシャー液の点検基準とは?

ウォッシャー液はフロントガラスの汚れを落とすための洗浄剤です。

こちらに関しては「ちゃんと出るのか」が問われます。不合格になる場合、ウォッシャー液が出ないからです。

噴射が弱い、あるいは正常に出ない。この場合「視界の確保」が出来ませんので不合格です。

ノズルが詰まっているなど、排出システムに何かしらの異常がある場合はウォッシャー液は出てきませんし、単純にウォッシャー液がなければウォッシャー液は出てきませんので、これらを改めてチェックしてみましょう。

まとめ

ワイパーは決して難しい検査が行われる訳ではないのですが、簡単だからこそついつい油断する人も多いようです。

また、車検場によって審査基準が少々変わります。そのため、厳しい所ではワイパーのゴムが多少減っているだけでも不合格にしてしまうのです。

一方でユーザー車検の場合には自己判断なのでよほどひどい状況でなければOKです。これらの違いもある程度は把握しておくと良いでしょう。

また、車検云々だけではなく、単純に自分自身のカーライフにも大きく影響を及ぼす部分となるだけに、常日頃から気にかけておいた方が良い部分でもあります。