メイン画像

モテる!SUV人気ランキング2017

世界的な人気を見せているSUV。
今では「SUVが無ければ勝負出来ない」とまで言われる程にどのメーカーも開発に力を入れています。

オフロードテイストな外見もあるのですが、ワイルドな4WDではなく都会でも走れるスタイリングの良さも魅力です。

例えばトヨタのハリアー。

アメリカではレクサスブランドとして大人気ですが、このモデルがSUVの常識を変えたとまで言われている程。
また、経営危機がささやかれていたポルシェを救ったのはカイエン。

つまりはSUVでした。

高級車めーカーの中にはSUVを持つだけではなく、数種類抱えている所もあるほど。世界的な人気があればこそですが、国内でもSUV人気は高まっています。

そこで300万円で購入出来るSUVをいくつかピックアップしてみました。

300万円はいわゆる乗り出し価格。
諸経費等を含んだ額となっていますので、車体価格とオプション込みで280万円以内のクルマを狙ってみました。

日産 「ジューク」

(出典)http://www2.nissan.co.jp/

国内にSUVブームが到来する前に既に投入されていた一台です。

2ドアに思うようなフォルムとなっているのですが4ドアなので後席もあります。個性的なボディには好みが別れるものの、裏を返せばそれだけ印象に残るSUVでもあります。

日産「エクストレイル」

(出典)http://www2.nissan.co.jp/

個性を狙ったのがジュークなら、日産の多くの人から愛されているSUVがエクストレイルです。

近年はいわゆる「なんちゃって4WD」が多いのですが、エクストレイルは本格志向の4WD。内装は防水性もあるなど、本格的なSUVなのですが、現行モデルではお洒落さも持ち合わせるようになりました。

元々の無骨なエクストレイルが好きだった人からの評価は高くはないものの、オシャレなデザインなのでエクストレイルに興味を持った人も多いようです。

マツダ「CX-3」

(出典)http://www.mazda.co.jp/

近年はマツダといえばクリーンディーゼルのイメージが強いかと思いますが、そのイメージを不動のものにしたCX-3の弟分的な存在がCX-3です。

CX-5よりもコンパクトなサイズのおかげでクーペテイストもあります。鼓動デザインはCX-5と共通なので、自動車に興味がない人が見れば同じ車に見えるかもしれません。

更にCX-3はそれまで生まれ変わったと評判のマツダの中で唯一の弱点であったマツダコネクトも改良。

ナビゲーションソフトは日本製に変更し、実用性も大幅に向上。SDカード経由での購入になるのですが、5万円という価格に納得出来るレベルとなっています。

スバル「フォレスター」

(出典)http://www.subaru.jp/

いわゆる都市型SUVが多い中で、フォレスターは4WDのみ。言うなれば「ガチ」な四駆になります。
海外からの評価も高く、高級4WDでは登れないような人工的な泥の坂道も、フォレスターでは問題なく上ったという実験は世界中のカーマニアを驚かせました。

元々エンジンに定評のあるスバルだけに、フォレスターへの評価も高いのです。

ホンダ「CR-V」

(出典)http://www.honda.co.jp/

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、北米ではホンダの顔と言っても過言ではない程売れに売れているモデルです。
北米で受け入れられているのはそのパワフルさです。都市型SUVに分類されるものの、ダイナミックな走破性が高い人気を集めています。

ホンダ「ヴェゼル」

(出典)http://www.honda.co.jp/

ホンダのハイブリッドSUV、ヴェゼル。

それまでSUVは「格好良いけど燃費が…」と囁かれていたものの、ハイブリッドSUVということで低燃費も実現。

それだけに人気は高いです。

日本国内ユーザーの「低燃費のSUVが欲しい」という声に応えた一台なだけに、売れ行きも好調。
登場以来、SUV部門では常に売上一位を記録しています。

SUVにしては後席が広いなど実用性も備えているだけに、SUVが欲しい人から経済性の高い車、コストパフォーマンスの良い車が欲しい人など幅広い層に訴求出来るモデルです。