メイン画像

下取りと買取で大きな差が出ることは珍しくありません

愛車を買い替えるので下取りに出す。

多くの人が行っている、特におかしなことではないのですが、では果たして得をするのかというと、それはまた別問題です。

・下取りよりも買取の方が良いの?
・そもそも下取りと買取の違いが分からない…
・古い車だから下取りで良いって思っていたけど違うの?
・実際の所、下取りはディーラーと買取業者のどちらの方が良いの?

といったように、様々な不安や疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。
なぜこのような疑問を抱くのかといえば、そもそも下取りと買取の違いをよく理解していない人が多いからです。

そこで、当サイトでは車を下取りに出す際に知っておいた方が良い点や、実際にどちらの方が良いのかなど、いろいろとお伝えしていきます。

どちらが良いのかあれこれ悩んでいる人だけではなく、今後車の売却を考えている人にとっても是非知っておいてもらいたいお話です。

下取りと買取は具体的に何が違うの?

下取りと買取。何が違うのかよく分からない人も多いかと思いますので順序立ててお話していくとしましょう。
基本的に、車を手放す場合の選択肢としては以下の三つがあります。

・廃車にする
・下取りしてもらう
・買取業者に売る

この三つのうち、廃車に関してはわざわざ説明するまでもないでしょう。
手続きによって「もう乗らなくする」のです。

お金にはならず、いわば「処分」と同じ意味になります。車検が切れたので廃車にする人も多いでしょう。

下取りとは、車を引き取ってもらうことですが、車を購入する際に引き取ってもらうことで、その引き取り価格を新車購入代金に充当します。

つまり、新車を若干安く購入することが出来ます。

下取りの大きなメリットとして、新しく購入する業者、車を引き取ってもらう業者が同一業者になりますので手続きが簡単になる点です。

車の買取とは?

では買取とは何を指すのかといえば、買取は新しく車を購入するしないに関わらず乗っている車を買取ってもらうことです。

車検が来たので買取ってもらったり、新しい車に乗り換えるので買取ってもらったりするのですが、新しい車に乗り換える場合、ディーラーではなく買取業者に買取ってもらうことになります。

そのため、手続きは少々面倒ですが、買取の方が値段が高いケースの方が多いのです。

なぜ車の買い取りと下取りで相場が異なるのか

なぜ下取りと買取で相場が異なるのか。

同じように車を手放しているだけなのに、相場が違う。

なぜだか理屈が分からない人も多いかと思いますが、ディーラーはいわば販売のプロ。
買取はそこまで力を入れていません。

また、車体の値引き額と下取り額を合わせて見積もりを出すので、悪く言えばディーラー側が上手く誤魔化せるのです。

一方、買取業者は買取価格だけで相手を納得させなければなりませんし、買取業者も多いので競争原理も働いています。
そのため、買取の方が高くなるのです。

ですが、買取にせよ下取りにせよ、車の相場は日々変動してると言っても過言ではありません。

タイミングが微妙に異なるだけで査定額が数十万円異なるケースとてありますし、買取業者が決算前で買取に力を入れていたおかげで高値で売れるケースもあれば、逆に買取業者がたまたまその車の在庫が多かったので、買取額がトーンダウンされてしまうケースもあるのです。

車の買取と下取りはどっちにすれば良いの?

ますますどちらにすべきなのか分からなくなるかもしれませんが、大切なのは買取か下取りかにこだわるのではなく「高く売れる業者」を見つけることです。

そのためにはまずは無料の買取査定を受けてみると良いでしょう。

そこで相場が分かりますので、その額を基準に高いのか安いのかを判断出来ます。

高く売るためには当然情報も大切です。