メイン画像

車を買取ってもらう時に多いトラブルとは?

下取りよりも買取。多くの人がこの事実に気付き始めていますので愛車を手放す際、買取業者に依頼する人が増えています。

手放すのであれば少しでも高く買取ってくれる業者を選んだ方が良いのは当然なのですが、一方で買取専門店とのトラブルが増えているのをご存知でしょうか?

ディーラーに下取りしてもらうよりも買取専門店の方が断然相場が良いので、買取業者に依頼したもののトラブルになってしまっては意味がありません。

では実際の所、どのようなトラブルが起きるのでしょうか。トラブルを回避するためにはどのようなトラブルが起きているのかを知っておくことも大切です。

対処法も含め、どうすべきなのかをお話していきましょう。

営業マンからの電話

買取業者に査定をしてもらう際、電話番号や住所など個人情報を明記します。

これは仕方ないのですが、そこでどうするのか曖昧な返事をしていると営業マンとしても「うちで買取らせて下さい」と執拗に電話をかけてきます。

この電話に対して「うんざり」「しつこい」「もう電話をかけてこないで欲しい」と思う人も多いのですが、少々手厳しい言い方をすると、営業マンにそのような行動を取らせているのはお客自身なのです。

曖昧に答えるので営業マンとしても勝負を仕掛けなければならないのです。

そこで「この額なら結構です」「他の業者に決めたので」ときっぱりと「NO」の意思表示を行えば営業マンとて深追いはしません。

迷っているからこそ、営業マンは「押せばいいんじゃないか」と思って電話をかけてくるのです。

きっぱりと「NO」を伝えましょう。

当初の査定額と違う

これも多いです。

当初査定してもらった額が良かったので売却をお願いしようと思ったら、「査定額が下がっている?」と思う人もいれば、「あの額だから売ろうと思ったのに」と憤る人もいるのではないでしょうか。

買取り店側の言い分としては「再度査定したら先に見つけられなかった補修箇所を見つけたので」が多いのですが、このようなトラブルを回避するためには事前に修理箇所等は伝えておくべきです。

また、納得いかないのであれば他の業者に変更するのも手です。

買取業者は多々ありますので、お客の立場を考えない買取業者を選ぶ理由はありません。
誠意ある応対をしてくれる買取業者は他にいくらでもあります。

情報収集を行おう

納得いかないと思うかもしれませんが、中古車買い取り専門店には二重査定制度と呼ばれているものがあります。
簡単に言えば買取った車にトラブルがあった場合、再度査定して価格を変更出来るシステムですが、この制度を悪用する業者も多いです。

このような業者から身を守るためには自分自身である程度情報を収集しておくべきです。
例えば査定に関しても、事前に一括査定を行っておけば大まかな相場が分かります。

相場が分かっていれば、査定額を見てお客のことを考えてくれている業者なのか、あるいはお客の無知に付け込んで儲けようとしている業者なのかが分かります。

それだけではありません。査定額を事前に知っておけば交渉材料にもなります。

相場が分からない状況で査定をしてもらった所で、その査定額が高いのか安いのかを判断するのは簡単ではありません。

ですが査定額が分かっていれば「〇〇って所では〇〇円だったんだけど?」と相手に対してプレッシャーをかけることも出来ます。

交渉の主導権を握ることも出来るのですが、相場が分からなければ交渉の主導権は相手が握ることになります。

少し調べれ分かることなだけに、査定してもらう前に事前に一括査定を行っておくのも良いでしょう。