メイン画像

車買取りの査定

車の買取査定の特にはあらゆる部分をチェックされます。

チェックポイントとして外装のダメージです。ボディの塗装の劣化具合や傷やヘコミの有無といった見た目のコンディションを確認し、マイナス要素が多いようですと買取価格も減額されます。

傷の程度によっては消すことができますので車売る際には下準備として対策をしてみるのも良いでしょう。

なお高く売る為といって直前に傷やヘコミを直しても得するようなことはありません。
修理費用が反映されることは殆どなく、費用の方が高く付いて損をしてしまうことになるのです。

外装の汚れ具合もチェックポイントになりますので磨いてから査定を受けるように心掛けた方が良いと言えます。
泥やホコリの付着が目立っていたりすると評価は下がります。

見た目は綺麗であることに越したことはない為、洗車及びワックス掛けを行っておくことが理想的です。

ボディカラーに関してもチェックされ、人気カラーの方が高値が付き易くなります。

一般的には黒、白、灰色の車の人気が高く、該当するようですとプラス査定に期待ができますし、金額的にも数万円の差が出ることもありますので、カラー次第で売り値に大きな影響を与えるのです。

内装のコンディションも重要です。基本的には清潔感があり使用感が少ない状態が好ましいとされています。

その為、査定に出す場合は清掃をしておいた方が良いと言えますし、また隅々まで手入れをすることが大事です。
フロアマットの下だったり灰皿の裏、トランク内なども細かくチェックされますので、手入れができる部分は全て綺麗にしておくことが望ましいと言えるでしょう。

ニオイの有無に関しても意識してみる必要があります。
案外忘れてしまいがちな要素のようですが、ニオイがあると価値が低くなってしまいます。

特にマイナスになり易いのが煙草やペットのニオイですので、そうしたニオイが付着している場合はしっかりと消臭を行っておいた方が良いです。

装備類も大事な査定ポイントです。
人気のオプションであるアルミホイールやカーナビ、ETCなどが装備されていると評価が高くなることがあります。

ただし、ホイールのコンディションが良くなかったり、カーナビなどのモデルが古いとあまり価値は付きません。
もし価値が付かない場合は取り外してしまって別で売った方がお得なこともあります。

純正品が揃っていることもプラス評価の条件です。カスタムをしている場合は価値が落ちることがある為、車売る場合は元の状態に戻しておいた方が良いこともあります。

戻せない場合でも純正品をセットで査定に出すことで評価額が上がることもありますので、できるだけ一緒に準備しておくと良いでしょう。

他にも付属品があるようなら全部まとめて見てもらうことも大切です。

スペアキーや夏用・冬用タイヤ、取扱い説明書、整備記録簿など、こうした付属品の有無によっても価値は違ってきます。
特に車の整備状況をチェックできる整備記録簿は重視されることもありますので欠かさずに用意しておきましょう。

走行距離もチェックされますが、走行距離は少ない方が好まれる傾向があります。

距離を走っている車ですと中古車としても売れ難くなりますので過走行ですと価値は低くなってしまいます。

ただ年式が古いにも関わらず極端に走行距離が短いようですとマイナスになることもあるのです。
車のエンジンはある程度動かさないと調子が悪くなりますので、必ずしもプラスとして捉えられる訳ではありません。

エンジンまわりも重要なポイントであり、異音がしたりエンジン音が不安定、オイル漏れ、改造などが見られるようですと価値は低くなります。

エンジンの状態次第で買取価格が大きく違ってくる為、日頃からメンテナンスをしっかりと行った方が良いでしょう。

車検の残り期間によっても車の価値が違ってきます。
基本的には長く期間が残っているとプラスになり易いです。

評価が付き易い期間としては最低でも半年以上が望ましいとされています。
あまり期間が残っていない場合は、期間一杯乗ってから売却するようにした方が良いこともあります。

なお車売る為にわざわざ車検を取るようなことはしない方が良いと言われています。

業者側でも車検を取ることができますし、尚且つ安価に取ることができる為にオーナー側で費用を掛けてもあまり評価はされません。

大抵の場合は損をしますので、残り期間が短いとしてもそのままの状態で売るようにした方が良いのです。
因みに車検が切れて動かせない状態でも売ることは可能ですので、車検切れでも安心です。

車売る際にはこのような様々なポイントを確認されますが、洗車や清掃、付属品の準備など、売却に向けてできることもいくつかありますので下準備として行うようにした方が良いでしょう。

また、車は日頃の扱いによってもコンディションは違ってきますので普段の利用方法も重要です。

日々、車を大切に扱っていけば売却する際にも良い評価を付けてもらい易くなるはずです。

参考:車下取り