メイン画像

買取業者の利益が出る仕組みとは?

愛車を売却するのであれば下取りよりも買取。
これはもはや常識と言っても良い程浸透しているかと思いますが、高く買取ってくれるということは言い換えれば利益を削っていることにもなります。

そのためどのように利益を生み出しているのか疑問に感じている人もいるかもしれませんが、市場に出ている中古車を見るのでそのような疑惑を抱いてしまうのです。

実は買取業者の販売ルートは2パターン用意されているため、トータルで利益を得ているのです。
その2パターンをご説明しましょう。

オートオークション

こちらは一般消費者が参加出来ない、いわば業者だけのオークションです。
自動車業者専門のオークションサイトに出品し、自動車業者が購入する。

いわゆる買取相場とは、このオークションサイトの相場なのです。
ここで売れて利益になる額で買取っていますので、下取り高い額での買取であっても利益になるのです。

オートオークションのメリットはそれだけではありません。
在庫を抱えるリスクがありません。

オートオークションの場合すぐにでも出品出来ますので、長く在庫として保管しておく必要がありません。
自動車は維持費がかかりますが、商品とて同様です。

車検が切れる際、廃車にすべきか車検を継続するのか。
継続するのであれば、その時点では持ち主は業者になりますので業者が税金等をしはらわなければなりません。

いつ売れても良いようメンテナンスも行うなど、車に維持費がかかるのは消費者だけではないのですが、オートオークションであればすぐにでも販売出来ますので維持費がかからないのです。

そのため、買取価格を高くしても結果的には利益になりやすいのです。

一般的な販売

こちらは我々一般消費者でも購入出来ます。
店頭やネット等を通じて消費者に販売する、ごく一般的な方法です。

オートオークションはメリットも多いのですが、中間マージンが発生します。

一方でこの場合、売れる保証はありません。

車種、タイミングによっては売れ残ってしまい、結果的に不良在庫になってしまうリスクもあります。

不良在庫になれば前途のように維持費もかかってきますので利益にはなりにくいでしょう。

上記のように業者が利益を得るためには2パターンの方法があります。

近年の買取業者は基本的にどちらも行っていますので、車種や状況を見極めつつ、どちらに流すのかを考えているのです。

利益を得るための共通点も見えてくる

どちらにも共通しているのは、「安く仕入れて高く売る」というビジネスの基本です。
この鉄則を守れない限り、営業を継続でいません。

一方で自動車業界全体で無駄なコスト削減への取り組みも始まっています。

例えば日産自動車。
ルノーに買収された日産は、そのルノーからカルロス・ゴーン氏を迎えました。

カルロス・ゴーン氏には日本の常識など通用しません。
労働組合の存在は、日本人役員にとっては無視出来ない存在ですがカルロス・ゴーン氏にとっては関係ありません。

製造工程、現場の管理体制、生産コスト。
その他諸々すべての面で見直しを行ったのです。
結果、日産は負債を完済。

窮地を脱したのは有名な話です。

このように、それまで当たり前だと思っていた部分を見直すことによって改善する。

中古車事業者にもそのような姿勢が求められる時代になりましたので、例えば輸送の際には一台ではなく、複数台一緒に移動させたり無駄な人件費をカットするなど、一般企業同様、経営努力に力を入れている中古車業者の存在は珍しいものではないのです。

更には時代は推移します。

その流れを見極めることもまた、重要になってくるでしょう。