メイン画像

冠水した道路を走行してもよい?

日本は本来、熱帯の気候ではありませんので突然豪雨が発生することはめったにないはずなのですが、気候が変わってきたのか、暑い季節になるとゲリラ豪雨と呼ばれる豪雨が降る回数が年々増えてきました。

ゲリラ豪雨の特徴は、あまり前触れもなく急速に空が曇り、局所的に豪雨になるといったことが挙げられます。

ゲリラ豪雨に遭遇した地域は、道路や川の排水能力が降雨に追い付かず、道路が冠水してしまうことがあります。
その場合、車で走行中の人はどのような対応を取るべきなのでしょうか。

一般的な梅雨の時期の見慣れた水たまり程度なら普通に走行しても、車のボディやエンジンに何の問題も発生しないことは周知の事実です。

しかし、冠水した道路を通行するとなるとなかなかあることではありません。
アンダーパスの道路脇にはよく、『冠水時走行注意』などの看板が掲げられています。

これは該当する道路が冠水している場合、車が走行すると非常に危険なことを示しています。

冠水時にその道路を通行すると、マフラーなどから水がエンジン内部に進入し、『ウォーターハンマー』と呼ばれる現象を引き起こし、エンジンを停止させてしまうのです。

エンジンが停止すると当然ながらそれ以降車は動かせなくなってしまいますから、車を捨てて脱出することになります。
しかし水の深さによっては、水圧でドアが開かないということもあり得ます。

その場合は、窓ガラスを割って脱出しなければならなくなります。

ただ、冠水した道路を渡ろうとしただけで、愛車を失い自分の生命も危険にさらすことになるのです。
『冠水時走行注意』の看板が掲げられている道路は、冠水時には走行しないことが、自分と愛車を守る最善の方法と言えます。

かといって、なんとしてもその道路の先へ行かなければならないという鬼気迫った状況も考えられますよね。

その場合、水に浸入してもエンジンに影響を及ぼさない深さは、最も水が進入しやすいマフラー未満の高さとなりますので、大体地面から15センチから20センチ程度と覚えておきましょう。

何度も走行したことのある道路は高低差が分かっていますので、冠水した道路に進入する前に水の深さを確かめてから走行しましょう。

もし初めての道路の場合は、冠水している道路がどのような高低差があるのか、坂の有無などが把握できないため、冠水した道路には進入せずに回り道を探す方が安全と言えます。

冠水した道路を通行する際には、エンジンの回転数を上げ、強く排気するようにしておけばマフラーから水が浸入してくることを防ぐことができます。

ギアを低速に入れてアクセルを深く踏み込んでおきます。
ただ、冠水した道路を走行する場合はスピードを出してはいけません。

濁った水の中にどんな障害物が沈んでいたり、スピードを出すとタイヤが水しぶきを巻き上げてしまうため、水が浸入しやすくなること、ブレーキが効きにくくなることがその主な理由です。

冠水した道路はできるだけ通行しないのが鉄則です。

そのためには、普段からよく通行する道路の形状や起伏の有無に気を配ること、いつも同じルートを通るのではなく、抜け道や回り道を見つけるために、様々な道を走ってみること、アンダーパスのそばに『冠水時走行注意』や『冠水時走行禁止』といった看板が掲げられていないかチェックすることが挙げられます。

自分と愛車を守ることが出来るのは、自分しかいません。

いざという時誰かが助けてくれるとぼんやり考えていては、実際にそういった状況になった時に冷静な判断が出来なくなります。

冠水している道路は通行しないことを基本に、何通りか抜け道や回り道を把握しておくことがいざという時に自分と愛車を守ることにつながりますよ。