メイン画像

パワー?デザイン?大きさ?国産車にはないアメ車の魅力を紐解く!


日本のメーカーが製造する車は世界的にも高い評価を受けている車が少なくありません。

その日本にあっても海外、特にアメリカのメーカーが製造した、通称『アメ車』と呼ばれる車のファンになる人は後を絶ちません。

日本のメーカーが国内向けに製造する車は、日本の道路事情に合わせて小型車が多く、小さいボディという条件の上でいかに車内空間を広く出来るかを考えて製造されています。

加えて、燃費がいい車が多いという特徴があります。

それなのに、敢えてアメ車を選ぶのはなぜでしょうか。
今回はアメ車の魅力を紐解いて、選ばれる理由を探っていきます。

アメ車の魅力のひとつに車が頑丈である、ということが挙げられます。

日本では、道路はアスファルトで舗装されているのが一般的ですが、アメリカでは舗装されている道路の方が少ないのが現状です。

しかも技術の差もあるのか、舗装されているといっても日本の道路を走行する時の滑らかさとは全く異なり、運転中の振動もかなりあります。

そのため、そういった条件の悪い道路でも故障することなく車を走らせることが出来る頑丈さが、アメリカの車には備わっているのです。

次に、車のボディサイズの大きさです。

そもそも、日本人とアメリカ人では身体の大きさが違いますね。
日本の軽自動車には、到底乗ることが出来ないほど身体の大きい方々もたくさんいるでしょう。

ボディサイズの小さい車を作っても、乗ることが出来ない人が多いというわけです。
そして、アメリカの国土は日本の20倍以上もありますので、道路も広く整備されています。

そのため、車のボディをコンパクトにする必要性がないのです。

日本のメーカーの車にはあまり見られない、これらのタフさとボディの存在感が人の心をつかむ魅力のひとつであることは間違いありません。

アメ車のパワーも大きな魅力のひとつです。
国土が広すぎて、鉄道を整備するとコストがかかりすぎるという要因もあり、アメリカではあまり鉄道網が発達していません。

長距離の移動手段の多くは、飛行機や自家用飛行機、あるいは車という人が多いのが現状です。
舗装されていない道路を長時間走行することが出来るパワーを備えていなければ、アメリカの道路は走ることができないのです。

日本で簡単に入手することが出来るアメ車というと、フォード、ハマー、GMC、シボレー、ジープといったところですが、いずれも輸入関税も関わってきますので、国産車より少々値段が張ります。

そこでアメ車を購入する時は、中古車を検討するのもひとつの手段です。

近年は、中古車専門の輸入業者も増えてきていますので、意外に手軽にアメ車の中古車を購入することができます。

アメ車デビューするという人は、中古車を購入してみるのもいいかもしれません。

というのも、アメ車を実際に運転してみたら思ったより車のボディが大きく、死角が増えすぎて運転しづらかった、駐車場にうまく駐車できなかった、家の近所の道を通ることが出来ないなど、アメリカではありえない日本の道路事情ならではの困難さが出てくる可能性があります。

新車は試乗できますが、中古車は市場出来ないことがほとんどです。

購入する際は、駐車場のサイズだけではなく、出し入れする駐車場前の道路や駐車場のスペース、普段自動車でよく通る道幅を、購入したいアメ車が走行できるかをしっかり確認してから購入する必要があります。

駐車場そのもののスペースよりも、駐車するために車を展開させるスペースの確保の方が難しいこともありますので、注意しましょう。

ひとつの方法としては、中古車のディーラーに試乗をお願いして、停める予定の駐車場にしっかり駐車できるか試してみる方法があります。

これは駐車場に入りさえすれば購入する、という前提でしかお願いできないことですが、逆に購入してくれるのであれば試乗は問題ない、という業者もいます。
ダメ元で相談してみましょう。

ここまでアメ車の基本的な魅力を紹介してきました。

アメ車は駐車場のスペース、駐車するためのスペース、よく走る道路の幅が大きなボディサイズのアメ車を受け入れられるだけの余地があれば、とても魅力的な車です。

新車の購入は無理でも中古車であれば、手が届く価格になっていることもあります。
まずは中古車ディーラーに連絡を取って、試乗できるかどうか確認してみることをおすすめします。