メイン画像

道路が濡れているときに運転で注意すべきことを復習しておこう


今さら、と思うかもしれませんが、雨の日の運転には晴れている日よりも十分注意しながら運転しなければなりません。

特に高速道路を走るときは、一般道路よりもスピードを上げて走行する上に、走り慣れていない道路ですのでさらなる注意が必要になります。

雨が上がっていればよいのですが、雨がひどく降っている中で高速道路を走るときは、制限されている速度を厳密に守り車間距離を十分にとって、万が一の状況にも冷静に対応できる心の準備をしておく必要があります。

また、昼間でも雨雲などで薄暗くなってしまったら、ヘッドライトだけでなくテールライトも点灯して走行するようにしましょう。

雨がひどい日に高速道路を走行するにあたって最も怖いのが、『ハイドロブレーニング現象』によるタイヤのスリップです。

タイヤと路面の間に水の膜が出来ることによって、タイヤが水上を滑る状態になり、タイヤのグリップ力が失われてしまいます。

この現象が起きた場合、むやみにハンドル操作を行ってはいけません。
事態を悪化させてしまいます。

少しずつスピードを落とすことで、次第にタイヤのグリップ力が回復してきます。
対応を誤ると大きな事故につながりますので、冷静に対処することが肝心です。

天気予報でひどい雨が予想されるときには、いつもよりこまめにSAやPAなどで休憩をとり、道路状況をチェックしたり雨が小降りになるのを待つのも安全を確保するための手段のひとつです。

天気予報も100%当たるというわけではありませんが、近年の予測精度は確実に上昇しています。
ただ、予測できない天候のひとつにゲリラ豪雨があります。

急に天候が変化し、特定の地域で激しい雨が降る現象を指してゲリラ豪雨といいますが近年、着実に増えていてかつ予測しにくいのが特徴です。

もし、車で走行中にゲリラ豪雨に遭遇したら、自分が走行している道路の状況を素早く判断しなくてはいけません。
地下やアンダーパスなど川の水位より低い場所を走行している場合は、一刻も早くその場所を通過しなくてはいけません。

もたもたしていると降雨量に対して道路の排水能力が追い付かず、道路が冠水してしまう危険性があります。

冠水した道路を無理やり走行すると、マフラーなどから水がエンジン内部に浸入しエンジンが故障する原因となってしまいます。そうなる前に急いで安全な場所まで移動し、車を停車させてゲリラ豪雨が収まるのを待ちましょう。

無理して移動するのは非常に危険です。

雨の日は車内でも注意しなければいけないことがあります。

それはフロンドガラスが曇ったり、濡れた靴で運転することでアクセルやブレーキを踏もうとするときに滑ってしまう可能性が高くなることです。

フロントガラスなどの曇り対策としては、カーエアコンを使ってフロントガラス方向に吹き出すように変更すれば、完全とは言えませんがガラスの曇りを除去することができます。

濡れている靴に関しては、タオルなどを常備しておき靴底を拭いて対処しましょう。

また、対向車のタイヤが巻き上げる水しぶきにも注意しなければなりません。
その危険性がある場合は、普段よりもスピードを落として走行するように心がけましょう。

大型車をすれ違う時には特に注意が必要です。

加えて、自分の車のタイヤが水しぶきを巻き上げて対向車や歩行者にかかってしまうことにも配慮が必要です。

歩道が近くにあり、歩行者に水しぶきがかかってしまうことが懸念される場合も、スピードを落として走行することでそのリスクを少なくすることができます。

雨の日はどうしても視界が悪くなったりブレーキが効きづらくなったりして、晴れた日と比べて走行性能が落ちてしまいます。

それをカバーするのはドライバーの運転技術を周囲への配慮しかありません。
その点を十分に理解して、雨の日は運転するようにしましょう。