メイン画像

愛車を売る最適なタイミングとは?

長年乗ってきた愛車をそろそろ処分して乗り換えたい、もう自家用車はいらないから売却したい、あるいは、急に現金が必要になったから自家用車を売却したいなど、車を売却する時にはオーナーそれぞれの理由がありますよね。

差し迫った理由がある人もいれば、査定額が高ければ売却したい、という人もいます。

しかし、中古車市場の価格は日々変動しているため、一旦査定を依頼して出た査定額がいつまでも有効というわけには行きません。

せいぜい1週間程度しかその査定額は有効ではないでしょう。
車種によっては、1週間も時間はないかもしれません。

となると、愛車を売却するタイミングとはいつがいいのでしょうか。

それは、今すぐに愛車を売却しても何の問題もない、と確信できた時です。

なぜなら中古車買取業者は、日々価格が変動する中古車市場で数多くの取引をしているので、ビジネスのスピードが非常に速いのです。

ですので査定を依頼すると、早い中古車買取業者なら即日で出張査定に来てくれることもあります。

ネットからオンラインで査定を依頼した場合、ものの数分でオンライン査定の結果が連絡されることもあります。

オンライン査定だけでは、車を売却することが出来ないため出張査定の日程調整などを経て、実際に出張査定に来てもらうことになりますが、売りたい人と中古車買取業者の都合さえ合えば、オンライン査定をした当日でも翌日でも出張査定に来てもらい、査定額に納得できれば売却の手続きを終えることも不可能ではありません。

しかし、オンライン査定を依頼した後にすぐに売るつもりではなかった、といった場合、中古車買取業者もなかなか出張査定に来てくれないケースもあります。

車を売ることを迷っている顧客よりもすぐにでも車を売却したい顧客を優先するためです。

仮にすぐに出張査定に来てくれた場合でも、すぐに売却するわけではない、と分かった場合に中古車買取業者の出す査定額は低くなってしまいます。

それは、愛車の中古車としての価値が日々低下していくからです。

売却を迷っているうちに、愛車の車種に該当するモデルがフルモデルチェンジする、という話が出てきてしまえば、愛車の中古車としての価値は一気に下落してしまいます。

そうでなくても上述したように中古車というのは、日々価格が変動しているわけですから、すぐに売却するわけではない車に対して、中古車買取業者としても査定額を出すことは難しくなるわけですね。

そのため、すぐ売るわけではない、あるいは売却を迷っている車の査定額は、曖昧かつ低くなってしまいます。

以上の理由から今日、愛車を売却して手元からなくなっても大丈夫、という状況になった時にこそ査定を依頼するべきと言えます。

ただ単に愛車の中古車市場での価値を知りたい、というのであれば、中古車一括査定サイトなどを利用してオンライン査定をするといいでしょう。

その時点での参考価格を調べることができます。

複数の業者に査定を依頼した場合に各社で査定額に開きが出ますが、最も高い査定額を出した業者は、愛車の車種に関して販売が得意であると判断してもいいでしょう。

実際に売ることになったらその中古車買取業者に売却すればいいのです。

今すぐに愛車を売却したい、今日手元から車が無くなっても問題ない、という人は、すぐに中古車買取業者に査定を依頼しましょう。
それと同時に、車の売却に必要な公的書類を揃える作業を進めましょう。

売却の契約自体は、早ければ査定を依頼した当日に終わらせることも可能ですが、のちのちいずれは提出しなければならない書類がいくつかあります。

居住地の役所に行く必要も出てきます。

ですので、並行して作業を進めておくとよりスピーディに車の売却手続きが進み、現金が手元に入る期間を短縮することが出来るでしょう。