メイン画像

車を売る時の必要書類

何かを売る時は、お金と引き換えに品物を渡します。
それだけで済むものもありますが、車売る場合はそれほど簡単にはいきません。

車は所有しているだけで税金を支払わなければならない財産ですので、登録をして法律上の所有者をはっきりさせています。
車売るということは、所有者がかわるということですから、いろいろな手続きが必要です。

不動産の売買と同じです。

売却にあたっての必要書類は、すぐに準備できるものばかりではありませんので、予めどのような書類が必要になるのか、知識を持っておくことが大切です。

車検が切れるギリギリまで乗って売ろうと思っている人は、特に注意が必要です。

書類が足りなければ売却ができず、そうこうしているうちに車検が切れてしまいます。
車検が切れると乗れませんので、買取業者に来てもらわなくてはなりません。

運搬などに余分な費用がかかりますので、余裕を持って準備を始めることをおすすめします。

もしも必要書類を紛失している時は、再発行の手続きをしなければなりません。
車を売ろうと決めた時点で、書類が揃っているかの確認をしましょう。

車検証

まずは車検証です。

正確には自動車検査証という名称です。
これは、その車の所有者や年式など、基本的な情報が記載されている重要な書類です。
車検証がなければ売ることはできません。

使用中に頻繁に使うものではありませんが、売却する時には必ず必要です。

法律では、車内に常に保管することが義務付けられています。
自動車保険の申し込みなどで一時的に家に持ち帰った時は、すぐに戻すようにしましょう。

通常はグローブボックスや助手席の下の収納スペースなどに入っています。
万が一紛失した時は、陸運局で再発行してもらうことができます。

また、陸運局に再発行をする手続きを代行してくれる業者もあります。
数千円の手数料がかかりますが、車検証がない車は法律上運転してはいけないことになっていますので、すぐに陸運局に行けない人は、代行業者を利用するのも1つの方法です。

自動車納税証明書

次に必要なのは、自動車税納税証明書です。
文字通り、自動車税をきちんと納めていることを証明する書類です。

言わば自動車税を納めた時にもらう領収書のようなものです。

大層な名前が付いていますが、納付書の端を切り取っただけの小さな紙ですので、紛失しやすい書類の1つです。

自動車税を納めていない車は売却することができませんので、これがないとやはり再発行をしてもらう必要があります。

普通車は税務署、軽自動車は市町村役場で再発行してもらいましょう。

もしも未納がある場合は、未納分を全額支払ってからでなければ売却はできません。

自動車税を納めることは所有者の義務であり、義務を果たしていない以上、売却する権利もない、ということです。

自賠責保険証

次に、自賠責保険証です。

自賠責とは、自動車を所有する人が強制的に加入させられる保険です。
強制保険とも言われています。
当然保険料が必要であり、車検時に支払っているはずです。

名義変更に必要な書類ですので、これがなければ売却はできません。

車検証と一緒に保管しているはずですが、もしもなければ再発行をしてもらわなくてはなりません。
車を購入したディーラーに相談しましょう。

実印と印鑑登録証明書

そして実印と印鑑登録証明書も準備しておく必要があります。
軽自動車の場合はこの2つは不要ですが、印鑑は必要です。

普通自動車は実印と3ヶ月以内に発行された印鑑登録証明書を準備しましょう。

実印登録をしていない人は、そこから始めなければなりません。

実印登録は市町村ごとに行う必要がありますので、最後に登録をしてから住所が変わっている人は、改めて登録しなおさなければなりません。

時間がかかる手続きではありませんが、役所に出向かなければなりませんので、平日仕事をしている人は、早めの準備が必要です。

車検証の住所と実際の住所が異なる時は、住民票も必要になる場合があります。
余分な手続きが増えることは間違いありませんので、引越しをした時は、車検証の住所変更も忘れずにしておきましょう。

実印が必要なのは、委任状や譲渡証明書に押印欄があるからです。
委任状は、本来所有者が行うべき売却の手続きを買取店に代行してもらうために必要なものです。

譲渡証明書は自動車を譲渡した時に必要です。
売却も譲渡になりますので、この2つが必要です。

委任状と譲渡証明書は、車の買取を行っているお店やディーラーが用意していますので、自分で揃える必要はありません。

自動車リサイクル券の証明書

最後に自動車リサイクル券の預託証明書が必要です。

これは、自動車を廃棄する時に、所有者がリサイクル料金を負担するために必要な書類です。
最後の所有者が負担しますので、所有者がかわるたびに新しい所有者に引き継がれます。

紛失した場合はインターネットからプリントアウトすることが可能です。

このように複数の書類が必要ですので、車の売却は簡単ではありません。

買取金額ばかりに気を取られていては、いざ売却が決まってから慌てることになります。