メイン画像

見た目が大事なのは車も同じ?査定額アップのポイント

新車が発売されるときにメーカーのデザイナーは消費者の心を掴もうと魅力的なボディデザインに多くのコストを割きます。

それは中古車市場でも同様で、見た目の良さが査定額を左右するのです。

今回は車種によって異なる見た目の重要性を紐解いていきます。

セダン

セダンは特にボディカラーによって査定額に差が出ると言われています。

中でも高級セダンは、定番のカラーであるブラック系やホワイト系の査定額が特に高めに出されます。
もっと言うとホワイト系でもパール系であれば査定額は確実にアップします。

逆に人気のないグリーン系やブラウン系のボディカラーの場合は、査定額はどうしても低めになってしまいます。

ボディカラーによる査定額の開きは50万円程度になるとも言われています。

セダンを新車で購入する場合は、中古車として売却することも想定して、定番カラーを選択しておくといいかもしれません。

ボディカラーのほかには、特殊装備としてサンルーフが装備されているセダンも査定額は確実にアップします。
ステイタスというわけでしょうかね。

ステーションワゴン

ステーションワゴンのうち査定額が高めになるモデルは、スポーツタイプやアウトドア向けのタフ仕様となっているモデルです。駆動は4WDの方が断然査定額は高くなります。

さらにターボエンジンだと査定額がプラスになる傾向が高いようです。

こうしてみるとステーションワゴンで高い査定額を得るためには、高い走行性能を持ち、かつ少々の悪路でもタフに走ることができるグレードの評価が高いと言えますね。

ミニバン

ミニバンの中でも高級ミニバンと呼ばれる車は、上述した高級セダンと同じくボディカラーによって査定額に大きく開きが出ます。

評価が高いのはやはり定番のブラック系と、ホワイト系の中でもパール系です。

オプションパーツがついている場合は人気のパーツであったり、アルミホイールがついていたりするとやはり査定額は高く出ます。

ただ、パーツをつけるにしてもセンスが求められます。

好きなパーツをバランスも考えずつけていては高い査定額は出ません。
全体のバランスを考えてパーツが配置されていれば査定額はアップするでしょう。

SUV

見た目が求められる車種といえば、SUVがその最たるものとなるでしょう。
ボディカラーが査定額に与える影響は高級セダン以上となっています。

ここでも人気となっているのは、定番のブラック系とホワイト系です。
駆動はもちろん4WDの方が査定額は上がります。

もし、ホイールのサイズを上げたい場合は大幅にアップさせるのではなく、さりげなく存在感を出す程度に抑えておきましょう。極端に見た目を変えることは多くの人のニーズには合わない可能性が高くなります。

クーペ/オープンカー

クーペやオープンカーといった乗車定員が少なく、高級車としてのイメージが強い車は、派手なパーツで飾り付けたり大規模なチューニングはしない方が査定額はアップします。

中でも車検で引っかかるようなものは査定額が大きく下がる原因となってしまいますので、注意が必要です。

軽自動車

車体価格だけではなく税金などが安いことで人気の軽自動車ですが、意外にもボディカラーによって査定額にあまり開きが出ないという特徴があります。

これなら、新車で軽自動車を購入する時も売却時の査定額を気にすることなく、好きなボディカラーを選ぶことができます。

エンジンについては、軽自動車にもパワーを求める人がいることからターボエンジン搭載の方が査定額はアップする傾向があります。

輸入車

輸入車では、特に人気のボディカラーといったものはありません。

その代わりにブランドが示すフラッグシップカラーの車が人気があり査定額も高めに設定されます。

フェラーリでいうと、赤ということになりますね。
ブランドそのものの世間的な評価も査定額に影響を及ぼすとも言われています。

以上、様々な車の見た目の差による査定額への影響について述べてきました。
意外であった点もあるでしょうし当然、と思われたところもあるでしょう。

新車を購入する時にボディカラーで迷うことがあったら、売却するときに多少なりとも影響することを覚えておけば、いずれは役に立つこともあるのではないでしょうか。

覚えておいて損はないと思いますよ。