メイン画像

プリウスってどんな車?メリットは?

(出典)http://toyota.jp/

「トヨタのハイブリッドカー」としてだけではなく、ハイブリッドカーそのものの代名詞と言っても決して過言ではないのがプリウスです。街中で見かけることも多いのではないでしょうか?

世界初の量産型ハイブリッドカーとして1997年に登場。

フルモデルチェンジを重ねる毎に完成度が高まる世界が注目するモデルですが、改めてプリウスはどのような特徴を持つ車なのか。

メリット・デメリットを含めていろいろな点からプリウスをチェックしてみるとしましょう。

プリウスの特徴

プリウスは世界初の量産型ハイブリッドカーです。
それまでハイブリッドカーは理論上は可能でも、コストを考えると実現するのは難しいのではないかと囁かれていました。

その声を黙らせるかのように登場したプリウス。
低燃費はもちろんですが、環境面への配慮も含め、
排出ガスが少ない点が特徴です。

特に環境問題に関心のある層からの注目度も高く、一時はハリウッドセレブが環境問題へのアピールの一環としてプリウスに乗ることも珍しくなかった程。

プリウスのメリット

プリウスのメリットは多々ありますが、代表的な物を挙げていきます。

燃費

やはりこれが一番でしょう。

燃費が良い、つまりはあまりガソリン代がかからないのです。

また、給油回数が減るのでガソリン料金が下がるだけではなく、給油の手間も軽減されます。

燃費の悪い車ですと、長距離の移動では何度も何度もガソリンスタンドに入ったり、高速道路のSAやPAに寄ったり。
お金以上に手間が面倒だと感じる人も多いでしょう。

ですがプリウスであればそれらの手間もかかりません。

環境性能

プリウスは排出ガス低減レベルを常に獲得しています。

平成〇〇年排出ガス規準クリアというのは、車体重量によって算出される燃費基準で、年々ハードルが高くなっていくのですが、プリウスは常にクリアしているのです。

それだけ排出ガスが少ないからこそ。
世界中の車のすべてがプリウスになれば、環境問題も大きな改善が見ラエルのではないかとも囁かれているのです。

静粛性

ハイブリッドカーはエンジンとモーターの両方を稼働させるのですが、プリウスはアイドリングの際など、エンジンを一時的に止めます。

そのため、とても静かです。

住宅地であれば近隣への配慮にもなりますし、揺れないので子供でも長時間車酔いせずに乗っていられるでしょう。
吸音や遮音材にもこだわっているだけに、プリウスといえば低燃費なだけではなく、静かというイメージも強いのです。

耐久性

ハイブリッドカーはエンジンとモーターの双方の力で走ります。
つまり、エンジンへの負担が軽減されるのです。

ガソリン車であれば当たり前ですがエンジンだけが稼働しますので、エンジンだけに負担が蓄積されていきますが、ハイブリッドカーはエンジンとモーターで負担を折半するようなものです。

それだけに、ガソリン車と比べて耐久性が良いのです。

プリウスのデメリット

ここまでいくつかメリットを挙げてみたのですが、逆にデメリットはないのか。
その点もやはり気になる人は多いでしょう。

価格

やはりこちらです。

確かに低燃費なのでイニシャルコストは良いでしょう。
ですが車体価格は同じクラスのガソリン車と比べるとどうしても割高です。

ただ単にガソリン代が安くなるからという理由だけではなく、トータルで判断した上でプリウスを購入する人が多いのはそのためです。

静か「過ぎる」

先に静粛性がメリットだとお話しました。
確かにその点はメリットである一方、デメリットにもなってしまっているのです。

というのもあまりにも静か過ぎるため、接近が分からないのです。
つまり、歩行者がプリウスの接近に気付かないので夜間など危険な状態になる可能性もあるのです。

この状態を憂慮し、車両接近通報装置や敢えて音を出させるなど静かが売りだったものの、「静かにしない機能」まで搭載するようになりました。

このように、プリウスにもメリットとデメリットがありますが、低燃費で高い人気を誇ります。

案外居住性も高く、使い勝手も良い点。
更にはトヨタというブランド。

これらのおかげでプリウスはとても高い人気を集めているのです。