メイン画像

運転しやすい車のタイプって?

自動車には様々な特徴があります。

運転に必要なのは免許ですが、免許はあくまでも「自動車に乗って良い」とする許可証のようなものであって、運転技術は人によって異なりますし、運転しやすい車もあれば、運転しづらいと感じるような車もあるでしょう。

特に運転が苦手だと感じている人やペーパードライバーの場合、運転しづらいと思われているような車よりも、運転しやすいと評判の車を選ぶだけで「運転が大変」との印象も大きく変わるでしょう。

また、運転が苦手だと思っている女性も多いようです。

この理由の一つに、女性は男性よりも平均身長が低いので、当然座高も低くなります。
アイポイントが低くなりますので男性と比べると視野も狭いのです。

そのため、運転が苦手だと思っている女性の場合、前方の視界がクリアーな車種や、シートリフターなど、シートの高さを調節出来る機能を持っているモデルを選ぶと良いでしょう。

逆にスポーティーなモデルのように車高が低いモデルでは視界が見えづらくなるので控えた方が良いですし、前方が死角になりやすいモデルも控えた方が良いでしょう。

特に車体が大きい車や、運転席から左前方までの距離が長い場合、男性であっても感覚が掴みづらいものです。
これらのモデルも控えておいた方が無難です。

近年のクルマにはサイドモニターやバックモニターが装備されている物も増えていますので、それらを選ぶのも良いでしょう。
バックモニターは車両後方を確認出来るもので比較的普及しているものですが、サイドモニターはまだまだこれからの技術。

サイドミラー等に小型のカメラが搭載され、死角になってしまいやすい左前方、左側全般をバックモニター同様映像で確認出来ますので、左折や駐車時に活躍してくれるでしょう。

特にこれらの装備は運転だけではなく、駐車が苦手だと思っている人にとって心強い装備です。

自動車購入時だけではなく、カーショップであれば後付けも出来るので、運転や駐車が苦手な人はこれらを装備してみるのも良いでしょう。

駐停車に関しては自動アシストが搭載されているものもちらほら登場していますので、そのようなモデルを選んでみるのも手です。

いわば「半自動」と言っても良いので、自分の手間を軽減してくれます。

用途によってもまた、運転しやすい車は変わります。

例えば街乗りと呼ばれている、送迎や買い物などちょっとした用事の場合には小さい車の方が運転しやすいでしょう。

特に軽自動車の場合小回りが利くので狭い道でも運転しやすいですし、商業地の狭い駐車場でも問題なく停車できます。

大きなクルマの場合、小回りが利かないので狭い路地では右左折にもテクニックが必要ですし、狭い駐車場では左右のクルマとの距離もあるので駐車の難易度も劇的に高まってしまいます。

一方、長距離を運転するのであれば軽自動車よりもエンジンパワーが大きく、更にはシート等も柔らかい物が良いでしょう。

軽自動車で長時間運転するとなるとシートが固いので座っていて疲れてしまいますし、パワーが不足しているのでどうしても速度が出ません。それだけに、長時間が更に長く感じるでしょう。

逆にパワーのある車であれば速度も出ますので、爽快感から疲れを忘れさせてくれるのです。

運転のシチュエーションではなく、家庭環境によっても左右されるでしょう。

特に小さいお子様がいる場合、両側スライドドアだと危険が軽減されます。

ヒンジタイプのドアですと、場所によってはトビラをぶつけてしまったり、対向車がやってきて危険になったり。

ドアで視界を塞いでしまいますので危険性も高まってしまうのですが、スライドドアの場合、死角を作らずに乗り降り出来ます。

また、チャイルドシートを付けるのであれば後席が広いだけではなく、後席へのアクセスが容易なものが良いでしょう。
その点では言うまでもなく2ドアのクルマは問題外です。

逆にスライドドアのミニバンであれば後席にも自由にアクセス出来ますし、広さも申し分ありませんので、チャイルドシートの着脱も自由に行えエルでしょう。

運転しやすい車を選ぶことによって「運転が嫌だ」「苦手」という意識が払しょくされ、ドライブを楽しめるようになるかもしれませんよ。