メイン画像

買取と下取りはどう違うのか知っておこう

自動車に関しては分かっているようで実はあまり分かっていないことも多いのではないでしょうか。
似たような言葉ではあるものの、では違いを説明しろと言われても実際には良く分かっていない言葉も多いでしょう。特に買取と下取り。「車を引き取ってもらう」点は同じですが、実際には両者は異なるものです。

買取とは、車を買取る業者が車を買取ってくれます。提示された額面を手に出来ますので、「売却」と考えても良いでしょう。これだけであれば決して難しい意味はありません。

では下取りはというと、基本的には愛車を売却します。ですが売却して得たお金は自分が手にするのではなく、愛車の購入に回します。つまり、例えば50万円で売却出来て200万円の車を購入しようと計画している場合、50万円手にするのではなく、購入予定の200万円から売却額の50万円を差し引いた150万円で自動車を購入する形になります。
愛車を手放す点は同じですが現金にするか、新たに購入する車の代金に充当するか。これが買取と下取りの違いになります。

業者の目安も異なります。買取金額の目安となるのは中古車オークションでの価格相場です。
買取業者はその後中古車オークションに車を流すケースが一般的ですので、中古車オークションに売却した際に利益が出る額が相場の目安になります。
一方下取りの場合、「下取り基本価格表」を目安にします。「あのモデルの年式はこの価格」といったようなマニュアルが用意されていますので、買取業者と下取り業者が提示する相場に違いが出るのもおかしな話ではないのです。

・どちらがお得なの?では車の買取と下取り。どちらの方がお得なのかを説明しましょう。

お得になるかどうかはいくつかチェック項目があります。まずは社外品パーツ。購入時のオプションではなく、後から付けたパーツがあるかないか。悪趣味でマニアック過ぎるパーツ以外は基本的には買取業者ではプラス査定になります。一方、下取り業者の場合、基本的に社外品は査定対象外です。つまり、減額対象と考えてよいでしょう。
そのため、下取りに出す予定であれば純正品を補完しておいた方が良いのですが、初めからどちらに売るのかを考えている人などめったにいないでしょう。そのため、多くの人が買取業者に出した方が得になる仕組みなのです。

ですが社外品は必ずしもプラスになるとは限りません。人気のない物の場合、マイナス査定になってしまうことも珍しくないだけに、純正品は残しておいた方が良いでしょう。理想を言えば綺麗な状態でいつでも付け替えられるよう保管しておくべきです。

タイミングの問題もあります。
中古車価格が安くなる時期は、その時期に車を売っても高い査定が出る可能性が低いでしょう。業界の常識として春先に大量に仕入れた在庫は5月から8月にかけて残りがちです。そのため、この時期は中古車価格が安くなりがちです。
中古車オークションもこの時期は安くなりがちですので、査定も期待出来ないのですが、下取りの場合、中古車オークションの相場に左右されませんので、5月から8月の「相場が低くなる時期」、つまりは高値での買取が見込めないような時期でも安定性はあります。

ここまでいろいろと説明しましたが、何より大切なのは買取業者と下取り業者の双方に査定してもらう点です。
双方に査定してもらえばどちらが高いのか分かります。査定だけであればいつでも受けられますし、どちらかの査定のみしか受けられないこともありません。双方に査定を出し、高い方に売る。
その際、「あちらは〇〇円だけど」といった形で交渉してみるのも良いでしょう。どれくらいの価格で手放すかは、自分の交渉力も大切なのです。