メイン画像

インプレッサの車買取相場

(出典)http://www.subaru.jp/

インプレッサを所有しているということは、インプレッサの人気の理由にも気がついていると思います。
インプレッサの売却を検討しているのであれば、まずはインプレッサにはなぜ人気があるのかということを思い出してみましょう。

インプレッサの搭載しているエンジンは「水平対向エンジン」と呼ばれるものです。

通常のエンジンのピストンは上下に動くことによって動力を生み出していますが、インプレッサのエンジンではピストンが水平方向に設計されています。

そのため非常に重いエンジンの高さを抑えることができ、結果として車の重心を低くすることに繋がり走行が非常に安定することになります。

加えて水平対向4気筒ではピストンの動きが左右で打ち消されるような形となり、走行時の左右への振動もかなり軽減されるため運転時の安定性は抜群です。

こうした運転のしやすさは女性にも人気があります。

ヨーロッパ車のデザイン性といい勝負ができるのは、スバルの車くらいと言われています。
とてもデザインが良く、落ち着いた雰囲気とカッコよさを両立しているため、年齢や性別にかかわらず人気が高いのもインプレッサの特徴です。

加えて燃費は15km/L〜18km/Lほどになっていますので、街乗りでも十分対応することが可能です。
遠出をする時の安定性、街乗りの利便性を兼ね備えており、なおかつデザイン性も良いので人気が高いというのも納得です。

実際に乗ってこられたのであれば、これらの全てを実感されているでしょう。

インプレッサは人気があるから自動的に買取り金額が上がるのか?

インプレッサに乗っておられる方であれば、この車の人気の高さの理由を実感されていると思います。

そのためインプレッサを売却する際、「きっと高値が付くだろう」と思い、なにも調査をせずに買い取り業者のところへ行き査定をしてしまう方が多くいらっしゃいます。

その結果、査定金額が思った以上に安くなってしまい愕然としてしまうという方も少なくありません。

実際、インプレッサを売却した事のある多くの方が納得できない金額のまま愛車を手放しているようです。
では、どうすればインプレッサを少しでも高く買取ってもらうことができるでしょうか?

インプレッサを少しでも高く売るため下取りは利用しない

車を売却するための方法は2種類あり、1つはディーラーでの下取り、もう1つは買い取り業者での買取りです。

結論から言うとインプレッサを高く売却するためにはディーラーに下取りしてもらうのは避ける方が良いです。
ディーラーが重きを置いているのは販売であって下取りではありません。

極端に言うなら、売上を伸ばすために下取りを無理して行なう必要はないということです。
新車の販売のみで十分儲けを出すことができるため、下取りをする場合にはかなりの儲けにならなければ積極的には行なうことはしません。

それに対して中古車買い取り業者は、中古車を仕入れることができないと商売自体を行なうことができなくなるため、必然的に中古車を買取る意識が高くなり、買取るために料金を上げることになります。

そのためディーラーの付ける下取り金額と買い取り業者の買取り金額では、後者の方が良くなるわけです。

買い取り業者の中からも選択が必要

では買い取り業者であれば、どこでもインプレッサを高く買取ってくれるということでしょうか?
そうではありません。

人気の高いインプレッサであっても、必要としている業者とそうではない業者では、買取り金額に差が出てくるものです。
加えてインプレッサの価値について知っている業者とそうではない業者では、買取金額は異なっています。

ですから買い取り業者の中から高くインプレッサを買取ってくれる業者を選ぶ必要があります。

その業者を探すためには中古車一括査定サイトを利用するのが1番です。

こうしたサイトには非常に多くの中古車買取り業者が登録をしているため、本当にインプレッサを必要としている業者を見つける助けにもなります。

中にはインプレッサを主に扱っているような業者もあるので、こうした業者を見つけることができれば愛車の価値をきちんと見極めて値段を付けてくれます。

加えてこうした業者であれば、インプレッサを高く販売できるような経路も持っていますので必然的に買取り金額も高くなるわけです。

一括査定サイトではこのような買取り業者も登録している可能性がありますので、まず自分のインプレッサをサイトに登録してみることができます。

登録はとても簡単で年式や走行距離、そしてインプレッサのグレードを入力するだけで十分です。
登録自体は数分あれば終わってしまいます。

たったこれだけの時間で買取り金額が数十万円も変わるという可能性もありますので、ネット一括査定を利用しない手はありません。