メイン画像

車検の期限と金額の関係


車買取業者に車を買い取ってもらおうと考えたら、まず車検証の有効期間を見てみましょう。
買い取ってもらう時期や業者はまだ決めていなかったとしても、これを見ることでいつ頃売却するのがよいのか、その参考になるかもしれません。

では、どのようなタイミングで買取してもらうのが、一番得になるのでしょうか。
実のところ、残存有効期限は査定額にさして大きな影響は与えません。z

したがって、もし買取に出す車にもうほとんど期限が残っていなかったとしても、わざわざ車検に出してから車を売りに出す必要はありません。
もし有効期間を過ぎてしまっていて公道を走ることができないのであれば、出張査定などを利用しても車を売ることができます。

車検にかかった費用が見積もりに上乗せされれば良い方で、必ず上乗せされるというと限りませんし、せいぜい査定額が数万円ほど上がるくらいでしょう。
もし全額上乗せされれば御の字です。

それよりも、走行距離や年式、部品の消耗具合やモデルチェンジなどの他の要素の方が査定額への影響が大きいので、そちらを気にした方が良いかもしれません。
私達にとっては残りの期限はあまり影響しませんが、車買取業者は残りの期限が長い車を欲しいと考えるでしょう。
なぜなら、業者は私達の車を買い取った後で、お客さんに売らねばなりません。その時、残りの期限が長い車であれば、お客さんに「この車

なら、買っても有効期間があと一年以上ありますので、すぐに車検代はかかりません」と言うことができます。業者にとっては「売りやすい車」であるといえます。

しかし、私達にはどのようなタイミングで売ったとしても、買取額にあまり影響はありません。
二年のうち、残りの有効期間が長いともったいないですし、あまりに短いと買取業者が査定金額を低くする言い分になってしまう可能性があるかもしれません。これらを踏まえると、有効期間が残り一年くらいになった頃に車を買い取ってもらうのが得策といえます。

また軽自動車ではなく普通自動車を買取に出すのであれば、前回の車検時に前納した自動車税の還付が期待できます。必要な残存期間は一ヶ月以上で、残りが長ければ長いほど多く還付されます。自動車税の還付を要求しても車買取に問題はありません。

他にも、業者が買い取った車をスクラップにすれば、重量税の還付も期待できますので、重量税の還付も狙うならこれは売却時に必ず業者と相談しておきましょう。普通自動車、軽自動車は問いません。

自賠責保険も、有効期間の長さに応じて、前納した保険料を月割で返金してくれます。これも残存期間が一ヶ月以上必要ですので、申し出て手続きをしましょう。