メイン画像

アルトの車買取相場

(出典)http://www.suzuki.co.jp/

自動車には、時代のニーズに合わせてブームが到来するものですが、スズキの『アルト』が販売された1979年当時、軽ボンネットバンのブームが到来し、そのタイプの車種が売れに売れました。

正確には、このアルトがそんなブームを起こし、牽引したと言ってもいいでしょう。
それほど業界に大きな功績を残した車種がスズキのハッチバックタイプ軽自動車のアルトなのです。

この人気は現在でも継続しており、欲する人たちが常に存在しています。

性別や世代を超えて愛されている車種であり、それは、このアルトが持っている操作性の良さや素朴なデザインなどが関係していることは間違いありません。

また、軽自動車であることもあって、価格帯も非常にお手頃。
若い人やお年寄りでも手が出しやすい価格帯のため、それも人気が継続している理由なのではないでしょうか。

新車での人気は高いが中古車としては?

アルトは確かに人気の高い自動車です。しかし、それは新車に限ったことなのかもしれません。

最新のモデル(2009年発表のもの)にもグレードが複数あり、最も上のグレードでも114万円から手に入れることができます。

これが下のグレードとなると100万円を切る(83万円から購入可能)わけですから、新車でも十分に手が届く価格帯。

MT仕様のタイプがあったり、あるいは、燃費性能もこの車種は20.0km/Lを上回るなど、評価できる点が山ほどあります。
だからこそ人気があるのですが、これが中古車市場となると話が変わってきます。

新車で手が届くのに、いくら安いからといって誰かが乗ったものをわざわざ買うかといえば、このタイプの自動車はそういう対象にはなりづらいようです。

何よりも、中古車市場に溢れています。
供給過多なので、販売店も安くしないと売ることができない。
よって、買取価格もなかなか上がらないという状況があるわけです。

今では決して珍しいタイプの自動車でもないので、他社の同タイプの自動車にも同じような現象が存在し、より買取価格の上昇が抑えられているのが現状です。

日常生活に多用されるため注意したい車の状態

アルトの使い道といえば、もっぱら日常生活にあることが多いようです。
買い物や人の送り迎えのために毎日使用する人も多いでしょう。

となると気になるのが劣化。
この点は当然のように査定額を下げる要因となりますから、自動車の状態には常に気を配っておきたいところです。

車内に泥が入り込んでいたり、埃がたまっている箇所があったり、あるいはニオイがついていたり・・・。
普段使いの自動車では、こういうものによって査定額が下がることが大いにあるため注意してください。

これは車体にも言えること。

定期的に掃除をすることで、売却時には多少得をすることにつながるかもしれません。

高く売るためには日々のメンテナンスと一括査定

アルトを手放したいと思った時、その自動車の状態が査定額に響くことはお伝えした通り。
自動車の状態を良くしておくためには、日々のメンテナンスが欠かせません。

本格的な洗車は時々で構いませんし、買取業者に自動車を見てもらう直前にすれば事足りますが、室内に掃除機をかける、換気をしたりニオイを取ったりなどは、日々意識して行っておきましょう。

もう一つ、高く売るためには一括査定の利用も欠かすことができません。
そもそも、自動車を売る時にはできれば下取りよりも買取専門業者にお願いしたいところ。

その方が、高く買い取ってもらいやすいからです。
ただ、そういう業者はごまんとあります。

その中から最も高い査定額をつけてくれる業者を見つけるためのツールが、一括査定サイトなのです。
アルトを高く買い取る業者はさほど多くはありません。

だからこそ、その数少ない業者を探し当てるためにも、一括査定サイトを利用するべき。
同時に大体の相場も把握できますから、無駄に安く買い取られてしまうことも避けられるはずです。