メイン画像

レヴォーグの車買取相場

スバルの『レヴォーグ』のベースとなっているのは、「インプ」の相性で親しまれているインプレッサ。水平対向4気筒のエンジンを積んでおり、ステーションワゴンタイプの車種としては、非常に評価が高い自動車となっています。

初めてその存在が明らかにされたのは、2013年に開催された東京モーターショー。そして、市場での販売がスタートしたのは、2014年のことでした。
また、レヴォーグは、同年に生産を終えたレガシィツーリングワゴンの後継車種となっている点も、この自動車を語る上では重要なポイントとなってくるでしょう。

ほぼすべてのグレードに、アイサイトと呼ばれるスバルオリジナルのステレオカメラが搭載されており、これによって車の運転があまり得意ではないという人でも安心して操作できるようになっています。
ステレオカメラ以外にも、プリクラッシュブレーキ、アクティブレーンキープなど、多彩な機能を持っているのが特徴で、これによって運転を支援し、事故の防止に役立つといわれています。


■売り上げも上々で人気の車種となりつつあるレヴォーグ
2015年の上半期に限って見てみれば、こちらもスバルの中で不動の地位を築いているインプレッサ、これには及ばないものの、それを追随するような売れ行きを見せており、早くも人気を固めてきていると言えるでしょう。

これは、この車種を売りに出すときには非常に大きな意味を持ってきます。新車として人気があれば、同じように中古車市場でも人気が見込めるため、買値がほとんどつかないということにはなりません。
新車販売の状況が現在のまま好調に推移すれば、その後の中古車市場での人気も高まり、納得のいく価格で買い取ってもらうことができるでしょう。


■今買い取ってもらうと高額買取が見込めます
レヴォーグは新車の販売が好調なので、もし高額で買い取ってもらうなら、今です。
新しい車種ということもあり、中古車市場でもまだ出回っているとは言えません。そんな現在の状態であれば、この車種を探している業者も多くいるはずであり、これは確実に高額買取に直結するでしょう。

あと数年も経てば、おそらく買取に出すオーナーさんが増えてくることになります。そうなれば、当然供給も増えるので、中古車としての販売価格も下がり、それに比例するように買取価格も下がってくるでしょう。

買ったばかりのレヴォーグを手放す必要はありませんが、もし販売開始当初から乗っており、そろそろ別の自動車に乗り換えてもいいかなと考えているのであれば、今がそのタイミングなのかもしれません。

おそらく状態もいいでしょう。まだまだ距離も嵩んでいないと思われます。余計なカスタマイズなどをしていなければ、かなりの高額買取が見込めるので、一度、業者に相談してみることをお勧めします。


■1円でも高く買い取ってもらう方法とは
自動車の買取というのは、小さな金額が動く話ではありません。数十万円の額が動きますし、レヴォーグの場合、グレードによっては100万円を超える取引となるでしょう。
そんな額の買取なので、「1円でも多く買い取ってもらいたい」と思う人はあまりいないかもしれませんが、少ない額よりは高い額で引き取ってもらいたいと考えるのがオーナーというもの。

であれば、一括査定の出番でしょう。

おそらく各業者バラバラの査定額を出してきます。それを見れば、高く買い取ってもらう方法が見えてくるはず。しかも、それぞれの業者の査定額の差が非常に大きいこともわかるでしょう。
今までお世話になった自動車を大切に扱ってもらうためにも、高く買い取ってもらうための努力を怠らないようにしたいところですが、一括査定をすれば、その努力もわずかなもので高額買取を実現することができるはずです。