メイン画像

マークXの車買取相場

日本の自動車市場で最も勢いがあるのがミニバンタイプになります。
そのため以前であればファミリーカーの代名詞にもなっていたセダンタイプも販売数の面で、ミニバンに大きく溝を空けられている状態です。
トヨタのマークXはまさにこのセダンタイプの車種であり、今では販売自体が大きく伸びるタイプではありませんが、それでもセダンタイプの中で見れば販売は比較的順調と言えるでしょう。
ではマークXの魅力はどのようなところなのでしょうか?
マークXの魅力を知っていると車を売却する時に、きちんとアピールをすることができるので査定金額を上乗せしてもらえる可能性もあります。

■マークXの人気の理由

マークXはトヨタ車で長年愛されてきたマークⅡの後継車としての位置づけで2004年から販売が行われています。
マークⅡの時代まで含めると、すでに11世代もモデルチェンジをしている伝統あるトヨタ車と言えるでしょう。
マークX単体としては、2004年に初代マークXがデビューした後、2009年に2代目マークXが販売されました。

しかしマークXは単なるマークⅡの後継車ということだけではなく、高級セダンの雰囲気とスポーティさを融合させた、走りにもこだわりたいセダン派を対象にしている車です。
つまり若い世代から大人まで広い世代に受け入れられるハイクオリティなセダンタイプと言えるでしょう。
もちろんマークXにはグレードがいくつも準備されており、安定した走行性能を体験できる手頃な2.5Lタイプから高級感が高い300GPREMIUMとよりスポーティ能力を増した250G S packageまでグレードは幅広くなっています。

2009年に2代目が発表されてからは3回のマイナーチェンジを行なっており、グレードは大きく分けると「Premium type」「Sports type」「Standard type」「特別仕様」の4つです。
マークXは海外でも販売が行われており、中国では「レイツ」という名前でも知られています。
2代目のマークXは、若者はもちろんですが大人にもスポーティセダンを楽しんでもらいたいというコンセプトを強くしており、結果としてセダンタイプの中で販売を伸ばすことにつながっています。

■マークXの中古車市場での現状

他社やトヨタ内のセダンタイプの車の中では、マークXの売れ行きは良い方と言えます。
そのためマークXの中古車市場の動きは活発であり、需要も高い傾向があるのでニーズが少ないために査定金額が下がるということはありません。
しかし中古車市場にマークXは十分な数があるために、車の状態によって査定金額が大きく異なる傾向があります。
例えば販売から3年が経過し初めての車検の時期にマークXを売却された方の中には、新車時290万円だった車が距離数60,000kmで査定金額が140万円にしかならなかったという例もあります。
しかしこれとは逆に2008年式初代マークXが状態の良さのため100万円で売却できたという例もあります。
マークXの特徴としては、初代と2代目のどちらであっても満遍なく人気があり、車の現状や走行距離に査定金額が影響されるということです。
仮に所有しているマークXの状態が良く、走行距離が少ないのであれば高値での売却も期待できるでしょう。

そのために日々の走行には注意を払い、綺麗な状態で査定を受けられるようにしましょう。
スポーツセダンとはいえ、無理な運転をしているマークXであれば当然査定金額も低くなってしまいます。
また査定に出す時には少しでも高値が付くように、綺麗に掃除をしてから買取業者のところへ行くことも大切です。
マークXの中古車市場での傾向を良く理解して、最低でもこうした事は意識しておく必要があるでしょう。

■マークXの査定金額を少しでもUPさせるために

中古車市場においてマークXは十分に流通しているものの、査定金額を良くするための方法がないわけではありません。
流通数が十分であったとしても、走行距離やグレードや車の内外装の状態などの細かい要望がある場合には、ピッタリの車を見つけることは難しいものです。
そのため買取業者の中には、顧客のこうしたリクエストに応えるためにマークXを探しているところもあります。

こうした買取業者は、ネットの中古車一括査定サイトに登録し、日本全国からニーズにぴったりの車を探しています。
ですからマークXの売却を検討しているのであれば、中古車一括査定サイトを利用するようにしましょう。
ちょうど所有しているマークXを探しているような業者と巡り合うことができれば、査定金額は一般の買取業者よりも良くなる可能性があります。
さらに業者の中にはマークXを専門で扱っているようなところもあり、こうした業者であれば大量のマークXを探している可能性もあります。
上手くタイミングが合いこうした業者を見つけられれば、やはり通常の査定金額よりも高くなるかもしれません。
こうしたサイトに登録するのは非常に簡単なので、とりあえず登録をしてみるという軽い気持ちで行なってみることもできます。