メイン画像

エンジンルームに猫がいないか注意しよう!

今現在、テレビCMなどでもよく見かけるようになり、自動車メーカーなども含め世の中への啓蒙活動が盛んに行われていますが、まだまだ知らない人、知っていても実践していない人が多いようです。

自動車のエンジンルームで、猫がくつろいでいることがあります。

もしそのままエンジンをかけて自動車を発進してしまうと・・・。

考えただけでも恐ろしいですよね。

最悪の事態を避けるためぜひ知識として持っておくとともに、意識してその最悪の事態を避けることに努めましょう。

なぜ猫はエンジンルームに?

猫はご存知の通り、コタツで丸くなる生き物。
つまり、暖かくて狭い場所を好む動物です。

自動車のエンジンルームというのは、その猫が好む格好の場所となってしまうのです。

特に冬場は、野良猫にとって、これほど都合のいい場所はありません。

他の動物に襲われることもなく人間に干渉されることもない、エンジンがかかっていなくても寒さをしのぐことができ、そして暗い。

猫にとってなんとも落ち着きやすい場所なのです。

冬だけ警戒すればOKというわけでもありません。

多少熱がこもっていても、猫は安全だとわかれば自動車のエンジンルームに留まることがあります。

一年中、猫がいると思っておく必要があるでしょう。

猫だけではないエンジンルームを好む生き物

世の中への啓蒙活動では猫が使われがち。

数で言えば、自動車のエンジンルームに入り込んでしまう生き物は猫が多く、そして多くの人に「注意しなければ」という気にさせてくれるからでしょう。

しかし、それ以外にもこの部分に入り込んでしまう生き物もいます。
例えばネズミ、例えば蛇、例えば鳥。

鳥に限って言えば、そこに巣を作ることもあるでしょう。

あまり頻繁に自動車を運転しない人は、この辺りを警戒する必要も出てきます。
また、都会でもネズミや蛇はいるので、いないものとして考えないことが大切です。

そのまま気づかずにエンジンをかければ自動車の故障の原因にもなりますし、自動車事故につながる危険も。
やはり、猫と同じように警戒しなければいけません。

猫がエンジンルームにいるかどうか確認すること

事故を防ぐためには、運転者が意識的に気を付けなければいけません。

まず、自動車に乗り込む時に、ボンネットを軽く叩いてみましょう。

もし猫がいれば、その音に反応して動きます。

あるいは、出てきます。
出てこられなくなっていても、きっと鳴いてくれるでしょう。

それによって猫がいるかどうかを判断することができるので、気づかずにエンジンをかけ発進してしまうことを防ぐことができます。

猫をそもそもエンジンルームに入れないような対策、これを講じておく必要があるかもしれません。

猫避けのためのグッズも多く出回っているので、それを自動車やその周りに置いておくなどし、猫が入り込まないような工夫をしておきましょう。

もし猫がおり、それに気づかずにエンジンをかけ発進してしまった時は、JAFに連絡すること。

あるいは、自動車専門業者が近くにあれば、相談してみてください。

「今までにそんな事故に巻き込まれたことがないから、きっと大丈夫」という考え方には何の根拠もありません。

これまで大丈夫だったから、これからも大丈夫とは限らないのです。

猫は気まぐれであり、人が予想もしないような行動に出ることもあると知っておかなければいけません。

また面倒だとは思わずに、自動車に乗る度にボンネットを叩いたりクラクションを鳴らしたりすること、これも忘れないようにしてください。

ほんの少しの面倒だという気持ちが大事故につながることもあるのです。

もしそこに猫がいて困るのはあなた自身です。

大きな自動車、小さな自動車関係なく起こり得ることなので、日頃から強く意識しておきましょう。