メイン画像

来店査定の特徴

車買取を利用しようと思っている場合、色々な押さえどころというものがあります。
その中のひとつが、来店査定の特徴です。

車買取を利用する場合、出張査定か来店査定を依頼することになります。

インターネットの一括見積りサイトで査定を依頼した場合であっても、複数の業者から査定結果を教えてもらうことが出来ますが、それは仮の金額です。

正式な査定の価格は、出張査定で家に来て行うか、店を訪れて行うかの方法で出してもらうことが出来ます。

近所の中古車買取店などに査定を依頼する場合も、電話で連絡を入れて出張してもらうことが出来ますし、店へ直接持ち込むことも出来ます。

来店査定をしてもらう場合の特徴としては、自動車のオーナーの負担が大きくなるということがあります。

店まで車を走らせなければいけませんので、ガソリン代も必要になってきますし、遠方の場合は食事代なども必要になることがあるでしょう。

また、きれいに洗車してから持ち込むようにしても、走らせている間に汚れてしまう可能性もあります。

しかし、一方で、良いこともあります。

中古車買取店側からすると、来店査定は手間がかかりません。
出張査定の場合は自動車のオーナーの自宅や職場まで行かなければいけませんし、そのための時間と手間がかかります。

しかし、来店で持ち込んでくれるのであれば、店で待っているだけで良いので、とても助かります。
そのため、査定額に上乗せしてくれる可能性があるのです。

持ち込んで査定を依頼しているのだということをしっかりと伝えることで、高く査定してくれる可能性があるということを、念頭においておくようにしましょう。

また、中古車買取りの店にはたくさんの技術者がいます。
そのため、専門的な知識をもった技術者が、しっかりと査定を行うことになるのです。

大切に乗ってきた車であれば、高い査定額がつく可能性があります。

来店での査定の場合は、車をまず指定された場所に停めることになります。
車には貴重品を置いておかないようにしましょう。

車検証と免許証の写しを、店側に提出します。車検証がない場合は査定を受けることも出来ないので、忘れないように気をつけましょう。

このように、来店査定の特徴には色々なものがあります。

自動車のオーナーに負担がかかるところもありますが、有利になる点も色々とあります。

車の買取を利用する時の押さえどころを知った上で、車の査定を受けるようにしましょう。

車の一括査定はこちら