メイン画像

アテンザの車買取相場

(出典)http://www.mazda.co.jp/

マツダを代表するモデル、アテンザ。
国外では「Mazda6」としてとても高い人気を集めているのをご存知でしょうか?

不振にあえいでいたマツダを救ったと言っても過言ではないアテンザがどのようなモデルなのか、また、中古車市場も含めてチェックしてみましょう。

アテンザってどんな車?

マツダ アテンザの登場は2002年5月。
2000年10月以来となる自社による新型車となりました。

「ボルト以外はすべて一新」ととまでPRされた程。

日本国内以上に、海外からの評価が高いことで知られているモデルで2008年までに世界で132もの賞を受賞。
ちなみに初代モデルの販売台数も132万台。

2008年には2代目モデルへとフルモデルチェンジ。日本初となる「リアビークルモニタリングシステム」と搭載。

こちらは後方から来た車両をレーダーで見地する安全装備です。

走りを楽しめるだけではなく、安全にも考慮されているのです。

また、エアコンやオーディオをステアリングから離さずに操作出来るなど、細かい部分までユーザビリティにこだわって作られていたのです。

そして2012年には3代目へとモデルチェンジ。
CX-5に続いてSKYACTIVE全面採用されたモデルでもあります。

何より特徴なのはディーゼルエンジンの搭載です。
マツダは、SKYACTIVE技術の集大成とも言うべきクリーンディーゼルを開発。

先に名前を挙げたCX-5にも搭載され、とても高い評価を集めたのですが、アテンザにも搭載されたのです。

ディーゼルエンジンは経済的なだけではなく、トルクを生み出すことによって走りをも楽しめるのです。

燃費の数字以上の経済性と走りの楽しさを両立したモデルとしての存在感を確立したのです。

アテンザの中古車市場

アテンザの中古車市場を見てみると在庫も多いです。

人気の高さを伺えます。2代目モデル、現行モデルともにそれぞれ在庫が多いので、選択肢は幅広いです。
様々なモデルがありますし、走行距離が長い物はかなり安くなっています。

また、現行モデルも中古車市場に増えつつありますので、こちらを狙ってみるのも良いでしょう。

特にクリーンディーゼルの場合、燃費数値以上に経済性が高いだけに、コストパフォーマンスはとても高いのです。

アテンザを高く売りたいなら?

アテンザを高く売りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
マツダはSKYACTIVE以降、ブランドステータスを高めようと考えています。

そのため、リセールバリューも僅かずつではありますが高まりつつあるものの、更に高額での買取を狙うのであれば一括査定を受けておくと良いでしょう。
一括査定を受けておくメリットは多々あります。

まずは相場を知れる点。
愛車であるアテンザがどれくらいで売れるのか、常日頃から把握している人はなかなかいないのではないでしょうか。

そこで一括査定を受けることにより、大まかな相場を理解出来ます。

相場を理解することで交渉材料にするのも良いですし、一番高い査定額を出してくれた所に買取ってもらうのも良いでしょう。

買取の際によくあるのが、買取店に査定してもらってもその価格が高いのか安いのか分からない点です。査

定価格は常日頃から見かけるものではないだけに、出された所で比較対象がないので分からないのです。

これでは実際に買取ってもらった際、得をしているのか損なのかさえ分からないでしょう。

ですが一括査定を受けておけば大まかな相場を理解出来ますので、提示された査定額が高いのか安いのか分かります。

査定額から、誠意を持って接してくれているのか、或いは無知に付け込んで不当に安い額で買い取ろうとしている業者なのかも分かりますので、実際に買取ってもらうかどうかは別として、自分自身に判断材料をもたらすためにもまずは一括査定を受けておくと良いでしょう。