メイン画像

ジュークの車買取相場

日産のジュークが発売されたのは2010年。まだまだ世の中に「SUV」という言葉が定着する前に登場したクロスオーバーSUVでした。
どのような特徴を持っているのかや、中古車市場など併せてチェックしてみるとしましょう。

ジュークってどんな車?

ジュークの登場時、そのデザインに対しては賛否両論でした。
それもそのはず、まだまだSUVという言葉を知らない人の方が多い時代、ミニバンでもない、オフローダーでもない、クーペでもない。まさに「中途半端」な印象となってしまったのですが、言いかえれば当時、ジュークのデザインは革新的だったということです。
今でこそ同じようなクロスオーバーSUVは多数登場していますので、デザインに対しての否定的な意見も落ち着いています。
当時は世界的には流行の兆しを見せていたが、国内ではSUVという言葉が使われていない時代でもありましたので多くの人が戸惑ってしまったものの、革新的なデザインは好評でもありました。

実際、ジュークは登場以降、ホンダ ヴェゼルの登場までは国内のSUV部門でも販売登録台数は好調をキープ。
走りを楽しめるクーペテイストで、4ドアなので一応は人も乗れる。荷物も載せられる。「中途半端」と評された部分は、実はいろいろなことに対応出来るだけのポテンシャルだということに多くの人が気付くようになったのです。
その一方、登場以来フルモデルチェンジが行われずに既に長い月日が経過しています。ニスモバージョンの投入や一部改良など動きはあるものの、他社のコンパクトSUVが出揃いつつある中で、ジュークの商品力に陰りが見えているのも事実。
フルモデルチェンジを切望している人は多いのです。

ジュークのデザイン

当初、先にもお話した通りジュークのデザインに対しては賛否両論ありました。新しいという意見もあれば、「中途半端」というものですが、近年のカテゴリーですとクーペSUV。日産のホームページではコンパクトカーとSUVに分類されています。
リヤランプはフェアレディを彷彿とされるもので、カーマニアへの訴求力もありました。
また、リアのドアノブをピラー上にレイアウト。これは後発のヴェゼルやトヨタのCH-Rにも採用されている手法で、ドアノブを上手く隠せるのでよりスポーティーな印象を与えることに成功しているのです。

ジュークの中古車市場

ジュークは中古車市場にも多くの在庫があります。カラー、走行距離、グレード。選択肢は多々ありますので、選ぶ楽しさがあるでしょう。
カスタマイズされている物は多くはありませんが、多くの人が愛着を持っていたであろうことが分かるのが良い状態の物が多い点です。
フルモデルチェンジが行われていなので、在庫はすべて同一モデルになるので何を購入するのか目安は立てやすいでしょう。

また、中古車での購入を考えているのであればフルモデルチェンジの情報にも敏感になっておくと良いでしょう。
仮にフルモデルチェンジが発表されれば現行モデルは「先代モデル」になりますので、中古車市場に於いてもある程度値段が下がるので購入しやすくなるでしょう。

ジュークを高く売りたい

ジュークを高く売りたいのであれば、いきなり買取店に持って行くよりも一括査定を受けておくと良いでしょう。
一括査定を受けることによってジュークの相場が分かりますし、交渉材料にもなります。
例えば一括査定を受けてから買取店に持って行けば「〇店では〇万円だった」と交渉も出来ます。もちろん、提示された買取額に対して安いのか高いのか、比較した上で判断を下せるようにもなります。

一括査定は無料で、しかもインターネットからでも申し込めるだけに、ジュークの買取をと考えているのであればまずは行っておくと良いでしょう。
仮にですが、もしもその後高く買取ってくれる業者が見つからなければ一括査定で一番高値を出してくれた業者に買取ってもらえば良いだけです。