メイン画像

シエンタの車買取相場

2003年に登場した5ナンバーミニバン、トヨタ シエンタ。

定義としては「ミニミニバン」で、登場時は日産のキューブやホンダのモビリオ、近年ではフリードがライバルになります。

コンパクトなボディではありますが、後席にはスライドドアを搭載したことによって実用性は十分。

2010年には一度販売終了したものの、代替車種であったパッソセッテが不調に終わったので販売終了から9ヶ月後の2011年に製造が再開されることになりました。

シエンタの歴史

シエンタの登場は2003年ですが、その後先にお伝えした通り生産終了・再開があったものの、長らくモデルチェンジは行われませんでした。

ですが2015年、登場から12年を迎えて初のフルモデルチェンジ。
トレッキングシューズをイメージしたというフロントグリルへの評価は賛否両論。

大人しいモデルが欲しい人にとっては少々個性的過ぎるものの、トヨタの車は個性が無いと思っていた人からは好評を持って迎えられています。

更にはハイブリッドにカーにもなりました。
JC08モードにて27.2km/Lという低燃費を実現。

経済性を求めつつ、実用的なコンパクトミニミニバンが欲しい層にマッチしたことによってフルモデルチェンジ以降、常に販売登録台数ランキングの上位に顔を出しています。

スライドドアも搭載されていますので使い勝手も抜群。
メインとしての運用や、送迎用のセカンドカー需要など使い勝手の良いモデルとして人気を集めています。

ちなみに安全性への評価も高く、1500cc以下の小型ミニバンでは初となる、全46点満点中で満点の評価を得た程。

シエンタの中古車市場

シエンタの中古車市場を見てみると、長く発売されていただけあって初代モデルの方がまだまだ在庫は多いです。

走行距離やカラーなど選択肢は様々ですが、徐々にではあるものの現行のニ代目モデルの在庫も増えつつあります。

人気に関してはやはり2代目モデルの方が高いです。
ハイブリッドが追加されたことにより、数値という分かりやすい指標にて低燃費を実感出来ます。

ですが、その分初代モデルは車体価格が低下傾向にありますので、燃費は現行モデルに及ばないものの、車体価格を加味したトータルでのコストであれば決して劣るものではありません。
むしろ自動車にあまりお金をかけたくはないものの、送迎や買い物など、軽い用事にとのニーズにも応えられますので、決してニーズが低い訳ではありません。

シエンタを高く売る秘訣は?

シエンタを高く売りたい人もいるのではないでしょうか。
シエンタは現行モデルであれば高く売れるのは間違いないでしょう。

まだまだフルモデルチェンジから初回車検を迎えていない時期になりますので、中古車市場には数が出揃っていません。それだけに、買取価格は高いでしょう。

初代モデルの場合は状態次第になりますが、まずはどれくらいの価格で売れるのか一括査定を行ってみるのも手です。

そもそも、買取店に持って行って査定してもらうとします。そこで出された額が高いのか安いのか判断出来る人はなかなかいないのではないでしょうか。

そこで一括査定です。
予め一括査定を受けておけば、多くの業者の査定額を知れます。

つまり、相場も見えてくるでしょう。自分のシエンタは大体どれくらいの価値があるのかが分れば、改めて買取業者に足を運んで査定してもらった際、査定額が高いのか安いのか分かります。

面倒であれば一括査定で一番高値を出してくれた所に買取ってもらえば良いのですし、より高く買取ってもらいたいのであれば一番高い査定額をベースに買取り交渉を行うのも良いでしょう。

査定額が分かるからこそ、交渉材料にもなるのです。
少しでも高く愛車を手放したいのであれば一括査定を受けるのは当たり前となりつつあります。
そこから様々なものが見えてくるはずですよ。