メイン画像

エルグランドの車買取相場

1997年に登場した高級ミニバン、日産 エルグランド。

3ナンバーサイズのミニバンとして時代を制したと言っても過言ではないモデルですが、どのような特徴を持っているのか。

歴史や中古車市場、そして高値での買取の方法もチェックしてみましょう。

エルグランドの歴史

エルグランドの登場は1997年。
キャラバン、ホーミーのミニバンタイプとして登場しました。

7人から10人まで乗れるモデルは、居住性だけではなく上質感も備えていました。

ライバルであるトヨタ車はエルグランドになかなか太刀打ち出来ず、一大プロジェクトとしてアルファードやベルファイアの開発に着手した程、エルグランドは当時、時代を制したのです。

ちなみに初代モデルはFRと4WDのみのラインナップで、ミニバンではあるものの走りも楽しめるモデルとして高いポテンシャルを備えていたのです。

2代目モデル・E51型

2002年、2代目モデルとなるE51型にフルモデルチェンジされます。
キープコンセプトではありますが、サスペンションやブレーキに変更が見れました。

また、初代モデルでは片側スライドドアでしたがE51型からは両側スライドドアに変更。

2010年まで8年間に及ぶロングセラーとなったのは人気はもちろんですが、次のモデルではFF化にしたいと考えたものの、その開発が少々上手くいかず、結果的にロングセラーとなった背景もあります。

3代目モデル・E52型

2010年にフルモデルチェンジされ、2017年3月現在現行モデルとなっています。
大きな違いは駆動方式です。

2代目モデルまではFRと4WDのラインナップでしたが、3代目モデルからはFRは廃止。
FFと4WDのみのラインナップとなりました。

一方では質感は高まりました。

例えば世界初となる中折れ機能付きのキャプテンコンフォータブルシート。

そして11インチワイドリヤモニターやワンタッチオートスライドドアなど、充実した装備となったのです。

定員分のヘッドレストを装備するなど、運転席と助手席だけではなく、後席の質感にも工夫した一台となっています。

エルグランドの中古車市場

エルグランドの中古車市場を見ると、2代目、3代目の在庫が多いです。
初代モデルが少ないのは人気よりも廃車にしているからなのでしょう。

そのため、在庫は減りつつあります。
2代目、3代目共に多いのですが、価格だけを見れば2代目モデルの方が安いです。

また、カスタマイズしたものも多少ありますので、選択肢は多々あります。
エルグランドはグレード展開も豊富なので中古での購入を考えているのであればグレードも確認しておくと良いでしょう。

エルグランドを高く売りたい

エルグランドを高く売りたいと考えている人もいるでしょう。

人気ミニバンなだけに、高額査定を期待出来るモデルではありますが、少しでも高くと考えるのであれば一括査定がおすすめです。

エルグランドを買取店まで持って行って査定してもらったとします。
そこで出された額が、高いのか安いのか客観的に判断出来る人はあまりいないのではないでしょうか?

高いか安いかは比較してこそ分かるものです。
一括査定であれば様々な業者が査定額を出してくれますので、買取額のおおよその相場も見えてくるのです。

一括査定で一番高額な所に買取ってもらうのも良いですし、その情報を元に買取業者まで足を運び「とある業者では〇〇万円って提示された」とでも告げれば、もしも買取業者が本気でエルグランドを買取ろうと思ったらそれ以上の額を提示しなければなりません。

一括査定は相場を知れるだけではなく、自分自身に交渉材料をもたらしてくれることになりますので、業者との買取交渉をより有利に運ぶことが出来ます。

簡単な申し込み、更には無料で行えるだけに、愛車の売却を考えたら一括査定を行っておくべきです。