メイン画像

アウトランダーの車買取相場

三菱が誇るミドルサイズのクロスオーバーSUV、アウトランダー。

エアトレックの後継モデルとしても知られていますが、元々エアトレックが輸出される際にアウトランダーとして発売されていたのです。

2005年、国内初登場時に「アウトランダー」としてデビューしたこちらのモデルの特徴や中古車市場など、様々な点をチェックしてみましょう。


アウトランダーの歴史

ダイムラー・クライスラー等との共同開発によって新開発されたエンジンが、搭載されたのがアウトランダーです。

迫力のあるボディに相応しい直列4気筒の2.0Lエンジンや、2.4Lエンジンを搭載。
V6の3.0Lエンジンを搭載した時期もありました。

初代モデルはタフネスなシルエットが特徴的でしたが、2012年に登場した2代目モデルでは少々クーペテイストも取り入れたフロントラインなど、多少丸みを帯びたデザインとなりました。

特筆すべきは「e-Assist」です。
こちらは電波レーダーとカメラユニットによる安全装置。

レーダークルーズコントロールや衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報システム等、様々な安全装置を備えたモデルとなっています。

また、アウトランダーと言えばPHEVも有名です。
こちらは2012年の12月に登場。

基本的にはアウトランダーで、国内のPHEVはプリウス・PHEVに次いで二車種目です。

ちなみにアウトランダーPHEVはEV単独でも60.2kmの走行距離を誇りますので、日常的な使用であればEVとしてだけで十分な数字でもあります。

アウトランダーの中古車市場

中古車市場を見てみると、アウトランダーの在庫はそれなりに多いです。
PHEVも多いですし、ガソリンモデルも多いです。

アウトランダーは、明るい話題が乏しい三菱自動車にとって唯一の希望と言っても決して過言ではないだけに、人気も高いのです。

初代モデルとニ代目モデルとでは初代モデルの方が多いのですが、徐々に二代目モデル、更にはPHEVも増えています。

EVとなると自宅に充電環境がなければ厳しいものの、PHEVであれば自宅に充電環境がなくともある程度は使いこなせますので、中古市場での人気は高いです。
複合燃費を考えると、車体価格を考えても決して高い買い物ではないとの声まであるほど。

また、PHEVではなくガソリンモデルも走りと居住性、パワフルさを兼ね備えたモデルになりますので、アウトドア趣味の人にとっては心強いモデルです。


アウトランダーを高く売るためには?


アウトランダーの売却を考えている人もいるのではないでしょうか。
アウトランダーの相場は決して高いとは言えません。

アウトランダーそのものの魅力ではなく、三菱のモデルがリセールが強くはないメーカーなだけに仕方ない部分ではあるのですが、それでも少しでも高く買取ってもらいたいのであれば一括査定を上手く活用すると良いでしょう。

一括査定は様々な業者が買取額を伝えてくれます。

それにより、アウトランダーの大まかな相場を把握出来ますので、例えばその後買取業者に足を運んでアウトランダーを査定してもらた際、相場を理解しているかしていないかでまったく判断が変わるのではないでしょうか。

判断材料としてはもちろんですが、一括査定を受けておけば、改めて査定してくれた業者の買取額を聞いて、どのような業者なのかも分るでしょう。

お客様に対して誠意があるのか、あるいは無知に付け込んで自分たちだけが大きく儲けようとしているのかも分かりますので、一括査定は交渉における判断材料もくれるのです。

また、単純に一番高い額を提示してくれた業者に買取ってもらうのも良いでしょう。

買取において自分自身に様々な選択肢・判断材料をもたらしてくれますので、買取を考えたらまずは一括査定を受けてみるのもよいでしょう。