メイン画像

キューブの車買取相場

5ナンバーのトールワゴン、というよりも独創的でありつつ居住性の高いコンパクトカーとしての認知度が高い日産キューブ。

街で見かけることも多いモデルですが、どのような車だったのかに迫りましょう。

キューブの歴史

キューブの登場は1998年。登場当初は「少しお洒落なトールワゴン」といったものでした。

軽自動車のようなシルエットは、まだまだ「コンパクトなトールワゴン」な印象でしかありませんでした。
ですが2代目モデルで大きく変革しました。

2002年に登場した2代目モデルは左右非対称のボックス型トールワゴン。

3列シートも搭載するなど居住性ももちろんですが、何より見かけが大きく変化。あまり車に興味を持っていない層への波及効果抜群だったのです。

「どれも似たような自動車ばかり」だと思っていた、あまり自動車に興味を持っていない層に対しても「キューブはお洒落」「可愛い」といったように、外見から興味を持つ人も多かったのです。

2008年にはキープコンセプトにてフルモデルチェンジが行われます。
2代目キューブの持っていた特徴を保ちつつ、少々丸みを帯びたボディとなりました。

2代目キューブは角ばった印象でしたが、3代目モデルでは流線的なフォルムへと変化。

プラットフォームを改良したことで全長や全幅など、5ナンバーサイズを保ちつつも大きくなり、より居住性の高いモデルとなったのです。一方では先代の角ばったボディの方が可愛かったという声があるのも事実。

販売台数に関しては2代目モデルの方が好調なほどなのです。

キューブの中古車市場

そのためか、キューブの中古車市場を見ると2代目モデルの方が在庫が多いのです。

もちろん2代目モデルの方が歴史が長いですし、現行モデルのキューブに乗っている人は手放しませんので中古車市場に於いて先代モデルの方が在庫が多いのは不思議な話ではないのですが、2代目モデルの方がかなり多いです。

人気を反映している部分もありますが、2代目モデルの人気を如実に表す結果となっています。

キューブを高く売るなら?

キューブの購入を考えている人もいれば、キューブの売却を考えている人もいるのではないでしょうか。

その際、手放すのであれば少しでも高くと考えるのはある意味では当然なのですが、では実際に高く買取ってもらうためには何を心掛けると良いのかといえば、走行距離やカラーリングなど、基本的な部分を見られるのですが、何よりも「情報」です。

仮にですが、買取業者の元に足を運び、愛車であるキューブを査定してもらった際、出された額を見て高いのか安いのか判断出来る人はなかなかいないのではないでしょうか?

そもそも安いのか高いのかは比較対象があって初めて分かる部分です。

その比較対象を入手することこそ、キューブを高く買取ってもらうための秘訣になります。
では具体的に、どのようにして情報を得るのかといえば一括査定です。

一括査定はインターネット上からも無料で行えますのでとても簡単ですが、ただ簡単なだけではなく、様々な業者の査定を知ることが出来ます。

そこで得た情報こそ、高いのか安いのかを判断する上での良い材料になるのです。
買取店に出す前に一括査定を受けておき、ある程度相場を理解しておけば提示される査定額が高いのか安いのか分かります。

もしもですが、安いのであれば「〇〇店では〇万円の提示を受けた」とでも話、相手の出方を伺うことも可能です。

また、それでも反応が鈍いようであれば一括査定で一番高かった所に買取ってもらえば良いのです。
情報をもたらしてくれることにより、買取時の交渉にイニシアティブを握れるようになりますので、車の買取を考えているのであればまずは一括査定を受けてみると良いでしょう。