お題 16 現在のステータス オークション 残り時間
  .   :   :  
DAYS HOURS MIN SEC
ひらめき数 1,312 アイデア数 374 投票数 770 参加ユーザー数 256

柴田文江

クリエイティブ・ディレクターCreative Director

柴田文江Fumie Shibata

0

「日本からメタボをなくすアイデア」を考えて下さい。How can we eliminate metabolic syndrome from Japan?

飽食の時代、欧米の例に違わず多くの日本人も肥満と戦っています。
しかし、もともとの日本文化や生活スタイルには、健康的に痩せられるヒントがあると思います。
都市機能の仕組み、健康機器、サービス、食、スポーツなどを通じて、日本人のメタボをなくすことができたなら、
世界中の肥満に悩む人々に向け、日本発の健康メソッドが提案できるのではないかと言う狙いです。

In this era of satiation, many Japanese are battling obesity like in America and Europe.
However, I think there are hints for slimming down in a healthy way in the original Japanese culture and lifestyle.
If we are able to cure the Japanese of metabolic syndrome through urban function systems, health equipment, services, food, and sports, etc., I believe that we should be able to propose a health habit from Japan to people around the world who are distressed by obesity.

週間スケジュール

お題 ひらめき Mazer アイデア 決定
柴田文江

ウォシュレットのように、日本から発進するトイレの新しい常識となりそうだ。
手洗いに行くたびに鏡の前で顔色をチェックするように、トイレに入る度に自分の目方を認識することで
体重に対する問題意識を持続させることができる。

Like Washlets, this could become a new convention starting from Japan for toilet stalls. People check their complexions in front of the mirror every time they visit a restroom; in the same way, they could acknowledge their weight each time they visit the toilet to keep them weight-conscious.

柴田文江

毎日の通勤の中に「歩く」動機をもたらすアイデア。
事業者がキャッシュバックするのだが、スポーツ用品メーカーなどとの共同のサービスに展開することも可能だ。

This idea provides motivation to walk as part of the daily commute. The business operator would give the cash back, but it would be possible to implement a service jointly, such as with a sporting goods maker.

柴田文江

歩くことがマイレージという結果として残るので、モチベーションが保てそうだ。
マイレージを貯める方法やシステム、マイレージによって受けられるサービスとすることで
新しいビジネスのスタイルもイメージできる。

Walking would leave results in the form of mileage, so I think people would be able to keep up their motivation. I could envision a new business model with a method and system for accumulating mileage and offering services according to mileage.

柴田文江

女性専用車両があるように、ヨガ車両があってもいい。
ヨガのゆっくりした動きであれば移動中の危険性も低いし、実際にやらなくても映像等でコーチすることで
呼吸の意識などが高まる。記憶しておき帰宅後に実践するもよし。

A yoga passenger car, like the women-only car, seems reasonable. With the slow movements of yoga, it wouldn’t be too dangerous even during transportation. And even if the passenger doesn’t do yoga, coaching such as through video would heighten awareness of breathing etc. They could remember that and practice it after they get home too.

柴田文江

自分がどれくらい噛んでいるのか、ちゃんと咀嚼しているか自覚することで、食事の量を適正にする効果が期待できる。
万歩計のように小型化できれば、実用性が高いと思う。

We can anticipate that by being aware of how much you are chewing and whether you are properly doing so, meal portions would become more optimum. I think this would be very practical if it were made small like a pedometer.