お題 2 現在のステータス オークション 残り時間
  .   :   :  
DAYS HOURS MIN SEC
ひらめき数 373 アイデア数 86 投票数 311 参加ユーザー数 146

中村洋基

クリエイティブ・ディレクターCreative Director

中村洋基Hiroki Nakamura

0

「ご近所づきあいを、活性化させる方法」を考えて下さい。How to stimulate interaction with neighbors

年々、核家族化とともに、ご近所づきあいが殺伐としてきています。
今年の震災のとき、電話も通じず、交通もマヒしたとき「近所と仲良しだったら心強いのに」と感じました。
でも、ご近所づきあいって、簡単なことで活性化できるのかも?
まずは、身の回りの「こんなきっかけがあると、近所の人と会話するよね」というアイデアの種を教えてください。簡単なモノでけっこうですよ。

With the growing trend toward nuclear families, interaction with neighbors is becoming sparse. When the earthquake hit this year and the phones didn't work and transportation stopped, I felt that it would have been reassuring if I was friendlier with my neighbors.
But maybe interaction with neighbors can be stimulated with something simple. Share personal hints about the kinds of situations that could trigger conversation with neighbors. The smallest gestures are fine.

週間スケジュール

お題 ひらめき Mazer アイデア 決定
中村洋基

ウィッシュリストは、Sumallyとか、日本で今後流行っていくだろうと思います。ただ、単に「ウィッシュリスト」というだけだと、Amazonにもある。さらに具体的な切り口が必要です。「子供がほしいものを大人が買う」に特化させる、とかご近所で「ほしい、あげる」ができる個人フリマみたいな考え方、そのへんまでいくと、アイデアとして結実しそうです。

I think wish lists like Sumally will catch on in Japan soon. But if it's just a wish list, Amazon has that too. We would need a concrete spin on it, such as limiting it to "Adults buy what children want" or approaching it as a personal flea market with "looking for" and "giving away" lists for the neighborhood. If we bring it to this level, I think the idea could be brought to fruition.

中村洋基

同じマンションで、「今日肉じゃが作りすぎちゃったんで、食べてくれる人求む!」とか見つけちゃったらステキですよね。「実家から梨が届きすぎちゃったんで、欲しい人、どうぞ~」とか。そういう、情景が想像しやすいアイデアって、いいと思うんです。ベタでいいんですよ(笑)

If you found someone in the same apartment building saying, "I made too much stew, so I'm seeking someone to eat it!" that would be sweet. Or "I received too many pears from my parents, so please take some!" I think idea creations like this where you could easily picture the situation are nice. Corny is good!

中村洋基

すごくシンプルな仕組み。「活性化」って、ようするに「コミュニケーションしてる状態」なわけです。なんでもいいからスイッチポンするだけで、コミュニケーションできてしまう、というアイデア。しかしこれ「おやつシステム」という名前じゃないでしょうねw。クラシファイドといったような個人広告システムなんだと思います。

A very simple mechanism. "Activation" is, in other words, a situation where there is communication. With this idea creation, communication is triggered by simply turning on a switch, whatever the catalyst is. But I don't think the name would be "Oyatsu (snack) System," LOL! I think it's a personal ad system, like the classifieds.

中村洋基

「ご近所」に注目した、マッチングサービスのアイデアがたくさん出ましたが、これが一番斬新で、うまくいく切り口だと思いました。たとえば、ぼくなら「パソコンとインターネットのことならなんでも聞いてください」でヒーロー登録。そのかわり、日曜大工とか修繕とかからっきしダメなので、ヒーロー欲しいです。

There were many matchmaking service ideas that focused on neighborhoods, and I thought this one was the most innovative and had a feasible approach. In my case, for example, I would register as a hero with the comment, "Ask me anything about computers and the Internet." On the other hand, I am hopeless with simple carpentry jobs and repairs, so I'd like that kind of hero.

中村洋基

これ、すごく見ちゃいそうですよね。近所のローソンに、すっごいかわいい子が働いてるな~と思ってファンクラブにアクセスしたら、ファン100人いたりして。「ご近所活性化」に直接つながりづらいのかもしれませんが、アイデアがすごくいい。

I think a lot of people would check this. If I notice a really cute girl working at the neighborhood Lawson and accessed the fan club, there might already be 100 fans. It may be difficult to directly link to activating the neighborhood, but it's a great idea creation.