お題 27 現在のステータス オークション 残り時間
  .   :   :  
DAYS HOURS MIN SEC
ひらめき数 1,133 アイデア数 244 投票数 627 参加ユーザー数 175

ダニー・チュー

クリエイティブ・ディレクターCreative Director

ダニー・チューDanny Choo

0

「一般の消費者がもっと金銭的にアニメ業界に貢献する方法」を考えて下さい。How can consumers contribute more to the anime industry?

アニメ製作には膨大なお金が必要です。
しかし現状では違法ダウンロードなどでアニメ製作に使ったお金の元は殆ど取れていません。
DVDやBlu-rayはまだ高いと言う意見もあります。
こんな状況の中で、一般消費者はどのようにアニメ業界に金銭的に貢献すれば良いでしょうか?

It costs a lot of money to make an anime title. But as things stand,
many anime companies cant recuperate costs due to ilegal downloading.
There are also many consumers who feel that DVD's or Bluray are still
too expensive.
In this situation, what can consumers financially do to contribute to
the anime business?

週間スケジュール

お題 ひらめき Mazer アイデア 決定
ダニー・チュー

いいと思います!米国の映画の中では色んなブランドが出ているので、アニメにも出てもいいと思います。こうするといろんなコラボが生まれ、色んな可能性が生まれる。
大手企業に限定せずに、個人にもオークションで権利を取得できるようにするといいと思います。

Good idea! There are a load of products in Hollywood movies - I don't see why not in anime too! I ca see a lot of collaborations brining about many possibilities.
But this should not be limited to large corporations - we should let individual sponsors participate too.

ダニー・チュー

懐かしいアニメをDVDやBluray化するよりも、再放送の方がコストがかからないかもしれません。その放送枠でCMで多少回収できるのではないかと思います。再放送を記念にいろんなマーケティングをするともっと効果的と思います。

Would probably cost less to re-run vintage anime titles than making it into a Blu-ray or DVD. Maybe cash could be made my the commercial slots during the re-run too? Would be a good idea to do a little bit of marketing at the same time.

ダニー・チュー

「お金の代わりに様々なうれしい権利が当たる宝くじの提案。監督に会える、制作現場を見学できる、声優に名前を呼んでもらえる、原画をもらえる、キャラの命名権、プレミア上映に招待、などなど…ファン垂涎の宝くじです。」お金も大事ですが、ファンももっと大事。ファンが作品を応援しつつ、ファンも喜べる何かがもらえる。いいと思います!

“Instead of money, prizes that fans will love can be won - things like meeting the director, having the voice actor or actress calling out your name, getting to own the cells used in the anime etc etc. “
Sounds like a good idea to me. Money is important but fans are more important. Fans get to support their fave title and get something back in return that they would really like.

ダニー・チュー

現在のアニメ製作委員会は殆ど大きな会社がお金を出している。例えば、個人スポンサーが大きい額を出してもらえれば、アニメがDVDやグッズ化された時の売り上げの何%をバックするとか。

At the moment, most of the production committees for anime titles are made up of large companies. Allow individuals to also invest large sums of cash and in return, the payback will be in the form of a % of DVD or Bluray sales.

ダニー・チュー

ハリウッド映画にも広告のブランドやプレースメントがあるように、 アニメにはもっと広告が会ってもいいと思います。ただしさりげない広告の方が効果的ではないでしょうか?

Just like Hollywood movies have a load of ads and product placements, I feel that anime should have more placements too - as long as they are not too blatant.

ダニー・チュー

世界中の何処からでも募金できるシステムを作り、アニメ製作費を集める。一定の額を出したらユーザーは何をかもらえる。例えばその作品のBlu-rayやフィギュア。もっと多い額ですと、サイン入りの物や絵コンテなど。もっと出してもらえば、作品の中のカメオ出演や広告も。このシステムはアメリカにあり、 www.kickstarter.comではゲーム作りたい中小企業が3百万ドル以上も集めた。

Build a system where anybody from around the world can donate to the production of an anime title. If the user donates more than a certain amount, they could get something like a Bluray or figure.
Folks who donate larger amounts could possibly get a cameo or advert in the anime title too.
This system already exists in the US called www.kickstarter.com where some folks have even managed to raise 3 million USD for game development.

ダニー・チュー

アニメ製作を一部ユーザーにやってもらう。ユーザーがお金を出してもらう代わりに、そのユーザーのお時間を出してもらう。
作品と関わるだけで、貴重な経験となるので、その作業に対するギャラが要らないユーザーは多い。
どんなユーザー達は制作の仕事に向いているのかを断定するためにまずはテストで何かを描いてもらう。背景やセルの塗りなど。

Let users do some of the production work. Instead of donating money, they donate their time. Many users are up for doing work for free if they can gain experience from the work.
In order to establish who is fit for the job, do a test and ask users to draw something first. Things they could draw are backgrounds or color in cells.