お題 28 現在のステータス オークション 残り時間
  .   :   :  
DAYS HOURS MIN SEC
ひらめき数 1,340 アイデア数 218 投票数 500 参加ユーザー数 113

藤巻幸大

クリエイティブ・ディレクターCreative Director

藤巻幸大Yukio Fujimaki

0

「1%を商品やサービスにする方法」を考えて下さい。How can we turn 1% into a product or service?

例えば、地域資源では風景や工芸品や技術、あるいは食で、世界に対して圧倒的に誇れるものが沢山あり、ブランド価値を高めると思います。
あなたの会社やあなたの住んでいる地域など、あなたの周りで「これは!」と思う特別な1%を提案してください。
なぜならブランド化は1%から始まります。

We have many unparalleled regional resources such as scenery, crafts, technology, and food that we can boast to the world and harness to enhance brand value.
What special 1% in your surroundings, such as your company or residential region excites you? I ask this because branding starts from that 1%.

週間スケジュール

お題 ひらめき Mazer アイデア 決定
藤巻幸大

まさにリサイクル、リユース時代の新たな発想である様にこれは大きなビジネスの可能性がありそうだ。
転勤、就職、引越の際など、日常の商品の交換がスムースにできる体制は新たな社会を形成できる。

This new concept for this era of recycling and reuse shows great business potential. A framework for smoothly exchanging lifestyle products when transferred to another location, taking on a new job, or moving home could form a new society.

藤巻幸大

コンビニに立ち寄るたびに、入り口の傘立て、そして、店内では常に傘を置いてある。
色々な店を歩いているといつの物かわからないビニール傘がぽつんと置いてあるのをみかける。
土にかえるというコンセプトはとても重要で傘のみならず、こういった素材を開発し、日常のアイテムに
落とし込むビジネスは重要である。

Whenever I stop by the convenience store, there are always umbrellas in the stand at the entrance as well as inside the store. Going to different stores, I often see plastic umbrellas left from who knows when. The concept of being biodegradable is crucial, not only for umbrellas. It’s important for business that this kind of material be developed and applied to everyday items.

藤巻幸大

異常に危険な可能性もはらんでいるが、
リスク回避できればつまらぬ婚活は防げそうである。

This is fraught with danger, but if we can avert the risks, we could probably prevent having to deal with silly spouse-hunting.

藤巻幸大

とにかく様々な日常品×クリエイティブ×伝統技術のディテールはあらゆる価値商品を生むことは間違いない。
それをいかに販売していくかが次のステップ。

It’s unmistakable that various daily goods, creativity, and traditional craftsmanship details would create all kinds of valued product. The next step is how to sell them.

藤巻幸大

物づくりを大切にしていきたい日本だが、ここ最近はこの物づくり自体が弱くなってきている。
再度日本各地の様々な職人に光を当て、商品化させ、国土交通省とも手を組み、世界に日本の職人自身たは職人さんが
生み出す商品を発信させて、顧客視点のお土産を販売する。

Japan wants to value its manufacturing, but it has weakened lately. We could spotlight various artisans again all around Japan and create product. If we team up with the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism, we could market the Japanese artisans themselves or their product creations to the world and sell souvenirs with a customer perspective.

藤巻幸大

観光立国日本と言いつつ、まだまだ究極の場所、料理、食材などの様々な情報が観光客に行き届いていない。
こういったまだまだ未開拓の場所やお土産品等で日本の地域活性化が図れる。
様々な交通機関やホテルとの連動により海外からの観光客も引き込める。

Although we say that Japan is tourism-oriented, information such as the ultimate destinations, food, and ingredients don’t reach tourists thoroughly enough. Japan’s regions can be revitalized with untapped destinations and souvenirs like this. We could bring in foreign tourists also by coordinating with various public transportation facilities and hotels.

藤巻幸大

外食産業から「内食産業」へ。
それぞれの家庭の味こそがリアルな日本食である。
これらを広め、地域活性に役立てる。

It’s shifting from a dining-out industry to a cooking-at-home industry. True Japanese food is what everyone eats at home. If we spread this, it could help to revitalize the regions.

藤巻幸大

本当に優れた日本のお土産品を探していて、それはあちこちに点在し何が本物かわかりにくい。
今こそ、経産省と選ばれし商品の協力が必要であり、それらを発信していくことが大切である。

When searching for truly remarkable Japanese souvenirs, it’s hard to find the right thing when they’re scattered here and there. We need for the Ministry of Economy, Trade and Industry to cooperate and promote meticulously selected products.