お題 6 現在のステータス オークション 残り時間
  .   :   :  
DAYS HOURS MIN SEC
ひらめき数 167 アイデア数 36 投票数 150 参加ユーザー数 32

中村洋基

クリエイティブ・ディレクターCreative Director

中村洋基Hiroki Nakamura

0

「日本のタレントを、海外に輸出する方法」を考えて下さい。How do you think we can export Japanese entertainers abroad?

AKB、Perfume、お笑い芸人……。日本のテレビで流行っている人も、
海外から見ると「(゚Д゚)ハァ?」だったりします。韓国のバラエティ番組とか見るとわかるかも。
どうすればグローバルなタレントをつくれるか?
まずは「日本でも知っている海外のタレント」から引き当ててみると、何かひらめくかもしれません。

AKB, Perfume, comedians… entertainers who are popular on Japanese TV sometimes don't make sense to people abroad. This may be apparent when watching Korean variety programs.
How can we develop global talent?
If we start off by considering foreign entertainers that we know in Japan, we may find inspiration.

週間スケジュール

お題 ひらめき Mazer アイデア 決定
中村洋基

江頭2:50はいいですよね。グローバルな笑い。エスパー伊藤よりグローバルだと思います。電撃ネットワークなんかも人気ですよね。ただ、それだけだと「身体性っていいよね」という話になるかもしれない。ここは、たとえばよしもとNSCなんかに「グローバル身体養成コース」みたいなのをつくる、という提案になると、いいかもしれません。

Egashira 2:50 is good. Global comedy. I think he's more global than Esper Ito. The Tokyo Shock Boys are also popular, aren't they? But unless we add something, it might just end at "embodiment is good." A proposal like creating a "global body training course" at the Yoshimoto NSC school, might work.

中村洋基

アイドルを作る前に、まずそのプラットフォームをつくってしまおうという。しかし、とてもよいアプローチです。実は私も取り組んでいるんですが「笑いを可視化」すると、価値が生まれるんじゃないかと思っています。具体的には、脳波でもいいし、笑ったら押すボタンでもいい。それがソーシャル情報にヒモづけられれば、自分の笑いの方向性がわかりますよね。

This idea creation is to develop a platform before creating the idol. It's an excellent approach. I am actually working on this too, and I believe that if comedy were visualized, value would be created. Specifically, brain waves would work, as would pushing a button when laughing. If we can link this to social information, you would be able to figure out the direction of your sense of humor.

中村洋基

これは「例えば誰とか」というところまで論ずれば、急に具体的になるような気がします。ジャスティンビーバー?スーザンボイル?ジェットリー?そこまで話ができれば「なるほどね!アリだね!」と誰もが言えるフォーマットになるかも。

If we reached the level of "for example, this person" in our discussions, I think this would become concrete immediately. Like Justin Bieber? Susan Boyle? Jet Li? If we could get to this point, it might develop into a format that anyone could say "I get it! That works!"

中村洋基

和太鼓や日本舞踊などを、現代風に再解釈するって、あると思うんです。「スーパー歌舞伎」とかすごく面白い。あと、殺陣も面白いですよね。ああいうものを見せ物にするユニットは、グローバルに流行りそうな気がします。

I think it would be acceptable to reinterpret Japanese drums and Japanese traditional dancing in a modern way. For example, "Super Kabuki" is really interesting. Swordfighting is also engaging. I think a unit that features that kind of performance could become a global hit.

中村洋基

国籍年齢一切不明のアイドル。つまり、その影武者は、ときには日本人、ときにはイングリッシュネイティブになってもいい。架空のバンド「GORILLAZ」みたいな器用な売り方ができるかもしれないですね。売れるネタにするためには、もうひといき具体的なアイデアに落とし込んでもよいかと思います。

An idol whose nationality and age are absolutely obscure. The kagemusha (person behind the idol) could sometimes be Japanese and sometimes be an English native. This could be marketed cleverly, like the fictious band "Gorillaz." I think it might help to apply this to an idea that is a bit more concrete to make this concept sell.