お題 2 現在のステータス オークション 残り時間
  .   :   :  
DAYS HOURS MIN SEC
ひらめき数 373 アイデア数 86 投票数 311 参加ユーザー数 146

中村洋基

クリエイティブ・ディレクターCreative Director

中村洋基Hiroki Nakamura

0

「ご近所づきあいを、活性化させる方法」を考えて下さい。How to stimulate interaction with neighbors

年々、核家族化とともに、ご近所づきあいが殺伐としてきています。
今年の震災のとき、電話も通じず、交通もマヒしたとき「近所と仲良しだったら心強いのに」と感じました。
でも、ご近所づきあいって、簡単なことで活性化できるのかも?
まずは、身の回りの「こんなきっかけがあると、近所の人と会話するよね」というアイデアの種を教えてください。簡単なモノでけっこうですよ。

With the growing trend toward nuclear families, interaction with neighbors is becoming sparse. When the earthquake hit this year and the phones didn't work and transportation stopped, I felt that it would have been reassuring if I was friendlier with my neighbors.
But maybe interaction with neighbors can be stimulated with something simple. Share personal hints about the kinds of situations that could trigger conversation with neighbors. The smallest gestures are fine.

週間スケジュール

お題 ひらめき Mazer アイデア 決定
ソーシャルメディア
Social media

遠いところとつながれるのがウリのソーシャルメディア、Facebook,Twitter,mixi…を近所づきあいにこそ使ってみましょう。「回覧板」とか、旧来の文化にイノベーションをおこせるかも?

Facebook, Twitter, mixi… the appeal of social media is that they can link people over long distances. But we should really use it to interact with neighbors too. Perhaps it can innovate conventional culture, such as the "kairanban (neighborhood circulating notice board)"?

アイデアページへ