お題 30 現在のステータス オークション 残り時間
  .   :   :  
DAYS HOURS MIN SEC
ひらめき数 1,224 アイデア数 241 投票数 562 参加ユーザー数 148

中村拓志

クリエイティブ・ディレクターCreative Director

中村拓志Hiroshi Nakamura

0

「日本を良くする住宅」を考えて下さい。What kind of housing conditions would make Japan better?

住宅を変えることから、日本が抱える諸問題を解決できないでしょうか。例えば少子化問題は、制度や雇用のせいだけでなく、2~3LDKばかりを設計してしまった設計者や供給者にも問題があったと思うのです。
子供1人につき1室だとか、常識やマーケティングに囚われていては日本は変えられません。大胆な発想を期待しています。

I am thinking that perhaps we can resolve Japan’s current various problems by changing housing conditions. One example is the dwindling birthrate. It’s often blamed on policies and employment, but I think architects and housing suppliers who make nothing but 2- to 3-bedroom residences are to blame too. Japan won’t change if we are locked by convention and marketing that you need one room per child, for example. I look forward to hearing some bold concepts.

週間スケジュール

お題 ひらめき Mazer アイデア 決定
交流
Interaction

みんな若くて元気で、経済も右肩上がりの時代とは違って、みんなが自分の弱さを自覚し、つながりを求める時代には、コミュニケーションの量と質を新しい領域で花開かせる住宅が必要なのかもしれません。
核家族のための自閉的なニーズを満たすことだけを考えてきた量産型住宅や、抽象的な論理や哲学、あるいは審美的なデザインを振りかざすだけの建築家の設計住宅では、未来は見えない。関わり合いをテーマに、新しい住宅のあり方を考えてください。それは制度的な改革かもしれないし、ドアや窓やちょっとしたベンチかもしれません。

Unlike an era where everyone is young and full of life and the economy is soaring, in an era where everyone is aware of their weaknesses and is seeking connections, there may be a need for housing where communication can flourish in both frequency and quality in new domains. There is no sight of the future with mass-produced houses that only fulfill the closed needs of the nuclear family or architecturally designed houses that simply brandish abstract logic and philosophy or aesthetic design. Consider a new concept of housing based on the theme of mutual engagement. This could be an institutional reform, or it could simply be a door, window, or handy little bench.

アイデアページへ